佳境を迎える『THE FIRST FINAL』リハーサル。LEO「最高のものを届けるために」【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#15】

『BE:FIRST Gifted Days』レポート#15

文=坂井彩花 編集=森田真規


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけたオーディション『THE FIRST』。そのオーディションによって誕生した7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」のデビュー後の日々を追いかける番組『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』。

第15回では、『THE FIRST FINAL』(1月29日・30日、ぴあアリーナMM)に向けた最終段階のリハーサルの様子が届けられた。


『THE FIRST FINAL』リハーサル4日目:LEO「最高のものを届けるためにがんばります!」

4日目となるリハーサルは、Team「Be Free」からスタート。実際のステージ幅に合わせてパフォーマンスを確認すると、今度は音に合わせて構成をさらっていった。

学校のテストを終えたSHUNTOが合流すると、Team Oneの確認へ。そのままTeam Shiningのメンバーも参加し、大所帯でのパフォーマンスになった。LEOが「迫力あるね」と言ったかと思えば、RANも「めっちゃいい!」と感嘆。横一列に並んだタイミングでは、あまり見ないフォーメーションにSOTAから「文化祭『Shining One』だな」と笑いが漏れ、さらに見学していたRUIからは「見ていて楽しいな。入って踊りたいです」という感想が聞かれた。

BE:FIRST「Brave Generation」の途中から、遅れて到着したRYUHEIも参加。SOTAが仕切りながら、パフォーマンスの詳細を詰めていく。見学していたAile The Shotaは「これを作詞したNovel Coreが喜びます」とうれしそうに微笑んだ。さらに、「みんな成長してますね。負けないようにがんばろう。オーディションじゃない状態で、こうやって集まるのは本当に楽しいですね」とつづけた。

年長メンバーの感慨はひとしおのようで、JUNONは「エモいですね。15人で集まるのは本当に合宿の練習のとき以来なので、新鮮な気持ちというか。久々だなって感じがします」と語り、LEOも「最高のものを届けるためにがんばります!」と気を引き締めていた。

そのあともTeam「Move On」、96BLACK、Team Shiningと練習はつづいていく。全員で「Shining One」を合わせていると、SKY-HIも到着。「Sexual Healing」や「Mr. Psycho」など、SKY-HIが参加する楽曲の確認が行われた。「Snatchaway」ではSKY-HIがedhiii boiのマネをしながら歌う場面もあり、参加メンバー全員で大いに盛り上がった。

仲間たちが練習している姿を前にSHUNTOは、「過去にあまり音楽の友達ができたことがなかったのもあって、音楽を通してできた仲間とこうやってステージに立てることがうれしい」としみじみと語っていた。

通しリハーサルがスタート


この記事の画像(全93枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..