『THE FIRST FINAL』に向けて進むリハーサル。16人での「To The First」に初挑戦【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#14】

『BE:FIRST Gifted Days』レポート#14

文=坂井彩花 編集=森田真規


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけたオーディション『THE FIRST』。そのオーディションによって誕生した7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」のデビュー後の日々を追いかける番組『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』。

第14回では、前回につづいて『THE FIRST』合宿審査に参加した15人が『THE FIRST FINAL』(1月29日・30日、ぴあアリーナMM)に向けてリハーサルを行う様子が届けられた。


リハーサル2日目:16人での「To The First」に初挑戦

『THE FIRST FINAL』リハーサル2日目は、「クリエイティブ審査NEO」のユニットでのパフォーマンスの確認からスタートした。「No Cap Navy」(Aile The Shota・MANATO・SOTA)や「Club JRL」(JUNON・RYOKI・LEO)がスムーズに打ち合わせを進めていく一方、苦戦していたのはふたり組の「RanRei」(RAN・REIKO)と「96BLACK」(RYUHEI・SHUNTO)である。

『THE FIRST FINAL』の会場は、最終審査のスタジオよりも圧倒的に広いぴあアリーナMM。たったふたりという構成でどうやってパフォーマンスを魅せればいいのか、悩んでいたのである。考えることの多さに、思わずSHUNTOはオーバーヒート。「やばい、SHUNTOの思考が止まってる……」と、RYUHEIがはにかむシーンも見られた。

しかし、そんな困惑も一瞬だったようで、ほかのメンバーの前で現状のパフォーマンスを披露するシーンでは、4組共、今できる最高を提示。時にはほかのチームの曲を口ずさんだり踊ったり、和やかな雰囲気でリハーサルは進んでいった。

つづいて行われたのは、合宿の2次審査で行われた「Be Free」と「Move On」の確認だ。現在ではBE:FIRSTの7人でもパフォーマンスしているナンバーだが、『THE FIRST FINAL』では合宿当時と同じメンバーで再現することに。久しぶりに「Move On」を踊ったAile The Shotaは、あまりにもハードなダンスに「ラスサビだけにして……」とこぼしていた。

さらに、3次審査のダンスプラクティスとして行われた「Mr. Psycho」の確認も行われた。当時、楽曲のサビ部分を約1時間かけて振り入れしたように、難易度の高い振り付けを全員で練習していく。LEOが「審査を思い出す」と言えば、SHUNTOは「懐かしい」と漏らした。

開始から15分で「Mr. Psycho」の振り入れは終了。ハードなダンスに参加メンバーの全員が肩で息をして、SKY-HIも「今日イチ、汗かいてる」と言ってパーカーを脱いで半袖姿になるほどだった。

この日の最後の練習として行われたのが、合宿最終審査の楽曲「To The First」。オーディション時と同じように、SOTAが振りをレクチャーしていった。『THE FIRST FINAL』ではNAOKI・SHUNSUKE・TAIKI・TENも参加することになったのだが、初挑戦の4人には難しい様子。最終的には不安そうなメンバーを集めて、SOTAがつきっきりで居残り練習をしていた。

今いるメンバーでできることを


この記事の画像(全82枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太