有吉、『有吉ぃぃeeeee!』で俳優への偏見があふれ出るトシに「失礼だよ」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『有吉ぃぃeeeee!』

オープニングの街ロケ中、こちらでは「木が傷んで自分で修復できない部分をモルタルで補強している」木が気になり「接ぎ木?」と立ち止まり、木について語り始める有吉。これに「俳優の方ですか?」とツッコむトシ。「ずーっと好きな話だけしてますけど! 盛り上げる気もなく淡々と!」と俳優への偏見があふれ出る。「俳優に失礼だよ」とタカが言うも止まらずトシ「いや、そういう人いるでしょ! 独特な感じで、急いだ感じもなく! まわりに気を遣うこともなく思ったことずーっと言う人とかいるでしょ! 困るんですよ、そういうの!」。

さらにモルタル部分が多い木を見つけると、またも「これ入れるってさ、本来の木としての魅力は減るじゃない? でもそれだけしてでも守りたいものなんだろうな。今これ何年間か我慢してまた何十年、何百年後にいい木になるようにっていうことで。貴重って言えば貴重だよね、これが見れるっていうのは」と伊藤が言うところの「無呼吸で」しゃべりつづける有吉。「今日、『木ぃぃeeeee!』っていうやつ!?」とツッコむトシに「お笑いの人はおもしろいね」と有吉。トシ「やっぱ俳優だよ、おい!(笑)」。

プレイしたのは『マインクラフト』。石田ニコルが「有吉さん革ジャン着ます?」と革を集めて作った革ジャンはダンボールのような色味の半袖の革ジャン。「なんか笑われてない?」という有吉は半袖をさんざんイジられ「夏のやつだからね」と繰り返す。その革ジャンの押しつけ合いがくだらな過ぎて最高。

『シャキーン!』

最終回に向けて「シャキーン!ザ・ライブ」初日。あやめちゃん、あゆちゃん、ナオト、モモエなど過去のレギュラー陣も総出演。音楽面で支えたサキタハヂメやハンバートハンバートもゲスト出演し「みずのたび」「るるるの歌」「はるかなる世界」「サイコロソングス」などを歌う。本当に名曲ぞろい。特に「るるるの歌」大好きだからうれしい。すごく楽しいぶん、なんだか泣けてしまう。メンバーみんなで歌う「シャキーンの木」の高揚感と寂しさたるや!


『有吉クイズ』

有吉の散歩密着後編。明治通りのビッグボーイを通りがかり、マツコの友達の肉乃小路ニクヨかブルボンヌが近くに住んでいるはずという有吉。「物忘れするんですよねえ」と、どちらかはわからない。正解はバビ江ノビッチ。これは『かりそめ天国』で話していたやつ。出てくる名前がおもしろすぎる。新宿スポーツセンターを見かければ、アートジャンキーのカトウシンイチロウとリトル清原と3人で総合格闘技の練習をやったことがあるなどという思い出話も。有吉「強いんですよ、リトル清原さん」。

昔ながらの理髪店に飛び込みで入り、散髪。洗髪時には野村アナによる「ホットタオルの温もりは外の寒さを忘れさせてくれる至福のひととき」といった錦鯉・渡辺のときとほぼ同様のナレーションが乗せられる。渋谷へ移動すると、以前も番組で訪れた「兆楽」で同じメニューをいつもの『ザ・ノンフィクション』風アングルで食べ、「髪切ったら思い出しちゃって」と以前とまったく同じ流れで脱毛サロンへ行く。「同じことをやる」というふざけっぷり。

VTR明け、理髪店で店主と話していたように「拡幅工事の話」が好きだという有吉。「なんでここが駐車場になったのか、駐車場のほうが税金が安いのかすごい気になる!」などと早口で言うと、オズワルド伊藤「無呼吸でしゃべることじゃねえ!(笑)」。

明日観たい番組:『空気階段の空気観察』×『ぺこぱポジティブニュース』

『家、ついて行ってイイですか?』(テレ東)春の3時間半SP。

『有吉の壁』(日テレ)「おもしろヴィーナスフォートの人選手権」「ブレイク芸人選手権」。

『水曜日のダウンタウン』(TBS)「素人を紹介する際にピッタリの一言を添える関根勤のあの芸、後継者いない説」「リアルに「へぇ」と言わせるの難しい説」「Tシャツたたみのあの裏ワザ、起源謎説」。

『あちこちオードリー』(テレ東)ナイツ&磯山さやか。

『お笑い実力刃』(テレ朝)「お笑い芸人のモノマネをする芸人」。

『キョコロヒー』(テレ朝)「ヒコロヒーグラビア進出事件」「京子がSNSで快進撃」「各業界で一番怒られている人の話を聞く」「2人の好きな食べ物を合体させてみる」。

『まんが未知』(テレ朝)酒井健太×高橋伸輔。

『空気階段の空気観察』(テレ朝)『ぺこぱポジティブニュース』とのコラボSP。

『相棒 season 20』(テレ朝)最終回。

【関連】『有吉クイズ』正解のパターンがふたつ?「テレビのタブー」を問いかける気概


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。