「若手芸人に聞いた漫才の登場がかっこいい芸人」1位はオードリー、バカリズムも絶賛「あれは発明」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】オードリーふたりそろって「アパー」を披露した『激レアさん』。手応えを感じた春日


『NETAMI』

バカリズム、東京03飯塚、ハライチ澤部のMCによる芸人が妬むネタだけが集まるネタ番組。

MCにもかかわらず最初にネタを披露するのはバカリズム。「MCがトップバッターのネタ番組って史上初じゃない?」と笑う飯塚。バカリズムは『海の上の○○』を披露。このネタはイルカを見に行って、最初はテンションが上がっていたけど、いつ終わるの?と思った実体験が元になったバカリズムとしては「珍しいパターン」だそう。

オチに向かうくすぐり部分を「クスクス笑ってくれるお客さん、そのクスクスが自分たちにとって拠りどころ」だと飯塚。バカリズムも「そう。クスクス来たから安心してあの部分を引っ張れた」と同意する。飯塚「クスクス欲しいところで『ハッハ!』とか大きめの笑いが来るとそれはそれで違うんだよ!」。

飯塚が「着眼点・設定が本当にいい。このネタは本当に自分で思いつきたかった」と妬むネタはさらば青春の光のコント『オカリナ』。オカリナというのが「絶妙なチョイス」だと。

バカリズムも「オカリナだけで通してるのがネタとして美しい。下手するとネタ見せとか行ったら、もっといくつかオカリナ的なものをドンドン出して展開させたほうがいいって言われるはずなんですよ。それをやると下品なんですよ」と絶賛。飯塚「言われてきたね(笑)」。

ニッポンの社長・辻は「漫才のとき、どういう顔をして出ていっていいか」と登場の仕方を相談。飯塚は「それがわからなくて漫才やってないってところもあるかも」と言う。澤部はよく漫才師がやるイメージがあるように、手を叩いて出ていっていたが、中川家が「手を叩くのはお客さんがやることやから芸人がやるのはちゃうやろ」と言っていたのを聞き、そこからやめたそう。

コントは基本的に暗転板つきだから、漫才の登場シーンは「笑い」ということだけを考えると「なんの意味もない。必要がない」とバカリズム。それに対し森田が「衝撃受けたのは春日さん」と言う。これにはバカリズムも「あれは発明。あれは出てくる意味がある」と。

テロップには「若手芸人に聞いた漫才の登場がかっこいい芸人ランキング」が。1位・オードリー、2位・金属バット、3位・真空ジェシカだという。漫才の登場だけでもこんなにも語りしろがあるのだから本当に奥深い。

『ゴッドタン』

空気階段の新しい魅力を引き出す「空気階段プロデュース」。『男はつらいよ』が大好きな劇団ひとりは「もぐらは令和の寅さんになれる」と主張。もぐらは「もぐさん」に扮しマドンナに振られる男を演じる。

マドンナに「故郷に帰ろうと思ってるの」と言われたときの「うん!……えっ?」という間が抜群。哀しきピエロ的な哀愁演技が本当にハマる。相方のかたまりも「引くほどうまかった」と絶賛。ひとり「このVTR、山田洋次に送ろうと思ってる(笑)」。

もぐらが寅さんをやるなら前田吟の博役はかたまりだと言われ、ふたりのやりとりをアドリブでやることに。かたまりがまたうまい。ひとり「どっかで博やってた?(笑)」。

ひとりは『浅草キッド』で監督としての評価も急上昇してるので、本当に寅さん的な作品をもぐらで撮ってほしいと思ってしまう。

そのあと、空気階段はなすなかにしの「息の合い過ぎた」漫才にも挑戦。空気階段がセンターマイクの前に立つのは貴重な映像ではないか。回を追うごとに息が合っていく漫才に「あと5回やれば完璧」と矢作。かたまり「これ完璧にできたところでやらないですよ(笑)」。


明日観たい番組:『THE W 2021』決勝戦など

『THE W 2021』(日テレ)Aマッソ、女ガールズ、オダウエダ、スパイク、TEAM BANANA、茶々、天才ピアニスト、ヒコロヒー、紅しょうが、ヨネダ2000。

『激レアさん』(テレ朝)「市役所で上司の無茶ぶりに応えて倉庫で眠っていたご当地キャラのコスプレをしたら大ブレイクし、最終的に政治家になった人」「自撮りを極めようとした結果ついにはドローンで自撮りをするようになり、果てはドローンレーサーになって日本代表になった人」。

『有吉クイズ』(テレ朝)「有吉プライベートクイズ」「平野ノラ子育てクイズ」。

『ソウドリ』(TBS)シーズン6・決勝戦。男性ブランコvs東京ホテイソンvs大谷健太vsスタンダップコーギー。

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレ朝)「最後の晩餐を見守る夜」。

『もう中学生のおグッズ!』(テレ朝)「さらば森田くんと野球おグッズ調査」。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。