アルピー平子「久々にトラウマになってます」加賀まりことのロケに大苦戦(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】霜降り明星・粗品が小栗旬の前で3連続「ピリチャン」の快挙!


『かりそめ天国』

アルピー平子と加賀まりこの「炊き込みご飯」ロケ。オープニングで有吉は平子と会った際、沈んだ顔で「『かりそめ』で加賀まりこさんと一緒にロケだったんですけど……ダメでした。僕、久々にトラウマになってます」と言われたことを明かす。

平子が加賀と対面し、深々と礼をするのを観て「平子ちゃんの態度もよくないわよ、最初からだもん!」とマツコ。有吉も「負けてるね」と笑う。

すぐに平子が「本当におきれいなんですね」と言うと「そういうのが一番イヤね」と不快感をあらわにする加賀。「おきれいとか言えば女が喜ぶと思ってるんでしょ。大したことないなコイツ」と浅はかな考えを見透かす。

そりゃ、先日の『ボクらの時代』でも言っていたとおり、川端康成をして「加賀まりこは僕のことをホントに大事に扱ってくれないから、すごくいいんだ」と言わしめた百戦錬磨。

こうすれば大丈夫みたいなことは通用しないのだろう。一方で、ふとした瞬間に「きれい」と言うと、少し喜んだりと、ひと筋縄にいかない加賀まりこ。有吉「これは情緒不安定になるな(笑)」。

食レポでは「質感がエルメス」などと平子が言うと「はい? 意味がわからない」とバッサリ。1軒目のロケを終え「加賀まりこでしたね……。加賀まりこそのもの」「大変なロケになる」と平子。

「豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえって言うしね」と加賀が言えば「なんで僕のほう見て(笑)。イジワルだなあ。まりこさんイジワルなことばっかり言うー」と独特の口調で返すと「そういう気持ち悪い言い方しないの!」と切り捨てる加賀。

平子の“平子り“が一切通じない。それでも後半はズバズバ言いつつどこか加賀も楽しげだったのもよかった。

「2回目はありますか?」と平子に問われれば「いやいやいや、それはスタッフがオッケーって言うわけない」とキッパリ切り捨て、「プライベートでは?」と食い下がるも「なんであんたみたいな不純なやつと」と笑う。

うまくいかないときに出る平子の人間味あふれる表情がたまらなくおもしろい。平子はこのロケのあとに『オールスター後夜祭』だったそうで「その後遺症で最下位でした」と笑う有吉。 『オールスター後夜祭』を「出禁」になってしまった遠因がまさかこのロケだったとは!

もうひとつのロケ企画はU字工事vsチョコプラ松尾の「へぇダービー」。松尾のあまりにふざけ倒したロケに有吉「もうこれ、“加賀の刑”だな(笑)」。

トークではテレビのテロップの話に。「『食べれる』を『食べられる』に直した字幕うるせぇ。めっちゃ腹立つ。俺がやられると。意味があってそっち使ってんだよ! ニュアンスわからんかねえ?『食べられる』が正しいとしても『食べれる』って言うときあるだろ!」と有吉。

この“正しい日本語問題”は原稿を書いていても悩ましいところ。「感性ゼロかよ!」などとさんざん罵倒したあと、有吉「っていう冗談がありますけどね(笑)」。

『ドキュメント72時間』

秋葉原の「イヤホン専門店」に密着。1日目に「DACが気になってて」とデジタルの音をアナログの音に変換する専門的な機械を見ていた大学生。音楽学科に通いドラムをやっているそう。

3日目にはイヤホンを探しに再び来店。その際インタビューで「実は子役をやっていて」と経歴を明かす。名前を聞いてカメラマンが「2回くらい一緒に仕事したことあります!」と思い出して驚くその名前は辻七音。『シャキーン!』のナオトだ!

やついいちろうにも「天才」と称されていたナオト。そういえば『シャキーン!』でもドラムを叩いていた。

その太鼓さばきに感動してた記憶が蘇ってくる。俳優は辞めてもそれはつづけていたんだと思うとなんだかうれしくなってしまう。


明日観たい番組:『超豪華!テレ朝バラエティMC芸人 夢の共演スペシャル!!』にサンドウィッチマン、千鳥らが集結

『週刊さんまとマツコ』(TBS)「逆バンジー作った伝説の罰ゲーム会社・秋山メカの謎に迫る!」。

『超豪華!テレ朝バラエティMC芸人 夢の共演スペシャル!!』(テレ朝)アンタッチャブル、バカリズム、小峠英二、サンドウィッチマン、千鳥、山里亮太、かまいたち、霜降り明星。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)『ポケモンユナイト』中川翔子&春日軍団。

『ガキの使いやあらへんで!』(日テレ)「ガキ使オリジナルジジ抜き」。

『情熱大陸』(TBS)広瀬すず・前編。

『おかべろ』(フジ)に、増田貴久。

『ボクらの時代』(フジ)仲野太賀×勝地涼×柄本時生。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。