BE:FIRSTのRYUHEIが語る『THE FIRST』という大きな転機「僕が出会うべき居場所だった」【『あの日のTHE FIRST』レポート#7】



仲間を信頼することができた最終審査

“クリエイティブ審査NEO”では、SHUNTOと組んだユニット「96BLACK」で「addictive Art」を披露し、爽やかな色気を香らせた。「チームShining」のメンバーとして臨んだ“課題曲審査”で立ち位置をミスしてしまうハプニングはあったものの、その存在感でパフォーマンスに鮮明なコントラストをつけた。

──クリエイティブ審査NEOはいかがでしたか?

RYUHEI SHUNTOが「RYUHEIが一番パートナーとして当てはまると思った」と言ってくれたのが本当にうれしくて。“パートナー”として信頼してくれていることが、本当に頼もしかったですね。パフォーマンスでは、ふたりの生まれ持った個性を活かす方向に。特に意識してセクシーさを出したわけではないんです。

──「Shining One」をパフォーマンスしてみて、いかがでしたか?

RYUHEI JUNON君は本当に歌がうまくて。「どうやったら、そんなに歌がうまくなるんですか?」って聞いたら、横で教えてくれたんです。そのときがチームで協力していると、初めて感じた瞬間だったように思います。

本番で立ち位置をミスったのは……一生反省できるレベルでメンバーに申し訳なかったです。高ぶっていたのと緊張と、ラストスパートで「やり切ってやろう!」と意識し過ぎて間違えた感じだったので……(苦笑)。

辿り着いた“必要不可欠な居場所”

最終審査を経て、BE:FIRSTのメンバーに選ばれたRYUHEI。SKY-HIから合格を告げられると、「BE:FIRSTのひとりとして革命を起こす」とキラキラした瞳で語っていた彼が、今思うこととは──。

──今の心境を聞かせてください。

RYUHEI 結果発表のときは心臓の鼓動が止まらなくて、どんどん枠が減っていくなかで「やばいやばい」という気持ちでいました。いざ名前が呼ばれると、頭は真っ白。なんの感情も出てこなかったし、喜びをまっすぐに表せなくて。あまり顔には出せなかったですけど、BE:FIRSTの一員になれてうれしかったです。

今の僕の年齢(14歳)だとほとんどの人は夢を考える時期だろうし、夢を叶えるのもそこまで簡単なことじゃない。自分でも追いつけないくらいのスピードで進んで行って、僕の夢が叶ったのは「ちょっと非現実的じゃない?」と思うくらいのうれしさと衝撃があります。

──BE:FIRSTについて、今考えていることを教えてください。

RYUHEI お客さんに満足してもらうことを念頭に置いて、常に上を目指しつづけて、実力で勝ち上がって行ったグループとして名を馳せたいと思います。生半可な気持ちで「アジアを獲る」と言っているわけではないので。僕だけではなくてメンバーも「こういうことを始めたい」「こういう曲を作りたい」「こうしたら、よりいいものになるんじゃないか」と毎日考えています。BE:FIRSTで新しいカルチャーを作るので、テッペンを獲る日を楽しみに待っていてほしいです。

──『THE FIRST』とはなんですか?

RYUHEI 僕が出会うべき居場所。今のメンバーは、出会うべき人だったと思います。自分の人生において、必要不可欠なオーディションでした。

少年の素顔に大人っぽさを忍ばせて


この記事の画像(全98枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太