BE:FIRSTよりひと足先にSKY-HIとの共演を果たしたSHOTA「『THE FIRST』は希望」【『あの日のTHE FIRST』レポート#3】



メンバーをどよめかせた、いかつさと爽やかさのギャップ

『あの日のTHE FIRST』ではBE:FIRSTメンバーとBMSG練習生のRUI・RAN・REI、さらに所属アーティストのSHOTA、11人によるトークも収録。今回は、10人が思うSHOTAの第一印象やパフォーマンスの強みなどについて話された。

Q:SHOTAの第一印象

RYOKI ブレイズでいかついのにしゃべり方が爽やかだから、最初のころは怖かったな。

SHUNTO すれ違ったとき、ボイトレの先生だと思ったもん。「この人に教えてもらうんだ!」って。

JUNON けっこう早めに3次審査の待合室に着いたんだけど、すでにSHOTA君いましたよね?

SHOTA 30分前に着いてたからね。

JUNON SHOTA君が、一番前の席に座っててさ。入りにくくて「マジで最悪!」って思ったもん。

SOTA 俺もJUNONがいた部屋をのぞいて「こっち嫌だな」って思ったよ。SHOTA君がいたから。30個くらい積み上がってたお弁当よりも目立ってたからね(笑)。

JUNON 人が来るたび一人ひとりに挨拶するんだけど、その声もめっちゃ大きくて。それすら嫌だった(笑)。

SOTA 俺なんて「君さー、知ってるよ! SOUCHINでしょ? やばー、受けてんだ!」とか言われて。半端ねえやついるじゃんって思ったもんな。

RUI 僕は、やっぱり「YOLO」ですね。めちゃめちゃ積極的なSHOTA君は、僕の憧れの人でした。

SHOTA “でした”って(笑)。

SOTA 過ぎ去りました! お疲れさまです(笑)。

RYUHEI SHOTA君は、本当にチームのキャリーですよね。自分が何もしていないのに一緒に連れて行ってくれるから、ついていけばいい。

SHUNTO しかも引っ張るように連れて行くんじゃなくて、抱きかかえて行ってくれるんだよね。

SHOTA そういうときは、だいたい俺だけ不安だけどね(笑)。

LEO 「チームに向いてないのかな」って悩んだ時期があったじゃないですか。でも、一緒に過ごしてきた俺らからすると、審査を重ねるごとにSHOTA君はチームにいてほしい存在になっていってたというか。

SOTA 本当にそう。いてほしい存在なんだよね。

LEO みんなの兄貴というか。

SOTA パフォーマンス中はもちろんだけど、やっぱり私生活と練習中にいてほしい。

SHOTA どこにでもいるし、すぐに電話に出るからさ。出るだけ、かもしれないけどね(笑)。

Q:SHOTAのベストパフォーマンスは?

LEO 「Move On」だね。“Lock on”じゃない?

RYUHEI 急にガナるから、最初に聴いたときは絶句しましたもん。

SOTA どの楽曲も一番自分色に染めるのが、SHOTA君じゃない?

RAN 「To The First」でいきなり“イエーイエー”って言った瞬間は焦りましたよ。

SHOTA あれは反省してる! テンションで言っちゃったんだよ……。

Q:SHUNTOが10人から言われて印象に残っていること

SHOTA 「SHOTA君と一緒に曲を作りたいです」って言ってくれたのが、一番うれしいかな。あと、SHUNTOがめっちゃ俺の曲を聴いてくれてたのもうれしかった。

SHUNTO 「リリック送ってください」ってお願いして、めっちゃ聴いちゃった。

SHOTA 俺の歌、全部歌えるもんね。

SHUNTO 普通にファンになっちゃったからさ。

ネタの男と日常を笑いにする男

『あの日のTHE FIRST』では、「11人で一番○○だったのは?」という特別企画が設けられた。第3回目のお題は「11人の中で1番面白いのは誰?」。最も票を集めたのがSHOTA、2位がMANATOという結果に。合宿の様子を見ていても場の空気を和ませていたふたりだが、どうもそのおもしろさはベクトルが違うようで……。

LEO SHOTA君は、ネタの幅が広いよね。

SOTA お笑い芸人として出てきてもハマっちゃうくらい新しいというか。ひとりでぶつぶつ言いながら、何重人格も使いこなしてコントをやってるんですよ。

RYUHEI 10秒ごとにバケモノになるやつ好きですよ。

SHOTA じゃあ「動画サイトで超人気なめちゃくちゃかわいいけど時たまバケモノになっちゃう女の子の配信者」やります。

MANATO 俺らしか笑ってない(笑)。

LEO MANATOに関してはギャグとかじゃないんだよね。ポッと出すワードがおもろいっていう。

SOTA 「これ合法かよ」なんて初級ですよ。

RAN トイレしてるとき、いきなり神社の音が聞こえてくるやつ好きだよ。

MANATO 雅楽「越殿楽(えてんらく)」。

SOTA これがトイレにふらっと入ると聞こえてくるんすよ(笑)。

Aile The Shotaとしての初ステージ


この記事の画像(全120枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。