「イジれないスキャンダルペア」スピードワゴン小沢が発表した芸人ふたりの共通点(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】スピードワゴン小沢が、井戸田に怒った衝撃の理由


『テレビ千鳥』

特別編として「芸人ポーカーGP」で1時間。

前回王者の麒麟・川島は、今回の出場メンバー(狩野、山内、濱家、塙、小沢、ケンコバ、川島)を「内村さんとはよく見るけど南原さんとは絡んでんの見ない芸人」とさっそく“役”をつける。

1回戦で小沢は、コウメ太夫、ノンスタ井上、井戸田、せいじ、大悟と一見なんの脈絡もない5人をそろえる。それを最初のふたりとあとの3人で分け、「イジっちゃいけないスキャンダルペア」「イジっていいスキャンダル3」のフルハウスに。美しい。

一方、前回「ニス(ニスを塗ったように顔がテカテカになっている写真)」を集め、ひとりだけ普通のポーカーのようになっていた山内は、今回も「メガネ」のふたりを残して3枚チェンジすると、柴田、ミキ昴生、そして最後にですよ。を引き当てる「雀鬼」っぷり。大悟「あとひとりであの名前出るの一番おもろい」。

この「メガネ5」になす術なく、前回王者の川島が初戦敗退。

さらに2回戦でも今回、小沢の影がかかった写真のおもしろさにより生まれた「シャドウ」を集め「お笑いの脳」をまったく使わず勝ち進んだ山内が、決勝で小沢と対戦。そのふたりを見て「『われめDEポン』の顔してる」とケンコバ。

役がつきそうにない山内に対し、小沢は山内がこれまでやってきたように「シャドウ」を集め出す。これに「自分と戦ってるみたいだ!」「最終回にふさわしい!」「『嘘喰い』の最終回!」とガヤ。ケンコバ、川島、千鳥がいるからやたら実況ガヤがおもしろい。

山内は「この戦い方しか知らない!」とかすかに残った「メガネ」に勝機を賭け、「メガネ」を2枚残してチェンジ。だが、「史上最悪のカード!」と言われる三四郎・相田や「ザコカード」ネゴシックスしか来ない。

「お笑いの脳を使わない」という選択をした山内も含め、その場をいかに解釈してお笑いにするかという芸人たちの「お笑いの脳」のすごさを見せつけられた1時間だった。

『まんが未知』

クイズ作家の日高大介と矢野了平が考えてきた原作は「30日連続正解すればどんな願いも叶うというクイズ」に挑戦する高校生3人組の「青春クイズストーリー風マンガ」。だが、普通のクイズと違うのは「クイズで答えたものが概念ごとこの世から消えていく」という仕掛け。

『神さまの言うとおり』の藤村緋二がその原作をもとに完成させたマンガのタイトルは『    』。もちろん、作中で「タイトル」が答えになるクイズが出題されたのだろう。

完成したマンガを読んでいるシーンでは、通常、ハライチ岩井と花澤香菜が画面下に映っているが、15日目のクイズで「岩井勇気」と答えるコマ以降、さりげなく岩井が画面から消える洒落た演出。

最後の30日目のクイズはこれ以上ないイジワルな問題。読み終わり「怖ぁー!」と叫ぶ岩井に「え? わかんないです! 岩井さん!」と花澤は困惑。岩井「あ、ちょっと謎解き向いてないです、あなた(笑)。オシャレな終わり方してるわー!」。

本当にマンガから番組演出まで全編さりげなく洒落ていた。


明日観たい番組:『99人の壁』お笑いSPにアルピー、ウエストランド、岡田圭右など芸人99人が集結!

『99人の壁』(フジ)「芸人99人が集結!秘蔵映像公開!お笑いSP」。

『魔改造の夜』(BSプレミアム)「扇風機50メートル走」。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジ)「永野&安村&コウメ太夫クイズ」。

『有吉反省会』(日テレ)にアップアップガールズ(2)。

『アニマルエレジー』(テレ朝)「トタテグモ」「ツノトカゲ」。

『ゴッドタン』(テレ東)「ラジオ芸人サミット」。

『人生最高レストラン』(TBS)にダチョウ倶楽部。

『SWITCHインタビュー 達人達』(Eテレ)に石川直樹×大竹伸朗。

ドラマ『家、ついて行ってイイですか?』(テレ東)スタート。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太