スピードワゴン小沢が、井戸田に怒った衝撃の理由「前日に髪を切ったのに」(てれびのスキマ)


昨日観た番組、そこで得た気づきを綴る連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日更新中の“てれびのスキマ”によるテレビ鑑賞記録です。


『バナナサンド』

バナナマンとは同じ事務所であり、上京して最初の仕事がバナナマンの単独ライブのお手伝いだったというスピードワゴンがゲスト。その手伝いは「小沢が歴代一番ヒドかった」と設楽。ライブ前日に使う衣装と小道具に墨汁をこぼしてしまったこともあるそう。

設楽は井戸田のことを「イトリ」と呼ぶ。その由来を、小沢が「NSCで俺と出会ったとき、いきなり話しかけてきて『俺、タモリ好き。イトリって呼んでくれよな』」と言われたからと説明する。

そんな井戸田が抱く小沢への悩みのひとつは「なんの相談もなく勝手に長期の休みを取ってしまう」こと。これに「潤に恥かかせるのはよくないけど、俺は言ってる。だけど、聞こえなかったのかな?」と独特の口調で弁明する小沢。これに食い気味で「こうなんですよ」と井戸田。

設楽が「これ、テレビ観てる人が間違ってほしくないのは、小沢って普段からこれだから。テレビに出てるときの小沢のキャラじゃない。昔より年々ひどくなってるよね?」と追随する。井戸田も「“小沢”がどんどん“小沢”になっていく。“矢沢”と“小沢”がわからなくなっていってるんですよ、小沢さん自体が」

さらに「年に1~2回、腹が立ってるらしいが理由を言わない」と、小沢の言動に対する悩みを打ち明ける井戸田。あるとき楽屋に入ると小沢が機嫌を損ねており、「怒ってる理由教えて」と井戸田が言うも、「自分の胸に手当て聞いてみな」と返され、わからないままでいると「身に覚えないならもういい。さ、ネタ合わせしよ」と、結局理由は教えてもらえなかったという。

このときのことを改めて問うと「前の日、俺、髪切ったのよ。なのに、何も言われなかった」と衝撃的な理由を明かす小沢。井戸田は「嘘だろ? またすごい“小沢”を見ましたよ」。あるときから髪を切っても染めても何も言ってくれなくなった、とつぶやく小沢がなぜか泣きながら問いかける。「今の俺、何色に見えてる?」。

『有吉の壁』

「ご本人登場選手権」ではインポッシブルひるちゃん、パーパーほしの、ハナコ菊田、岡部がDISH//に扮し「猫」を歌う。ヴォーカルは歌がうまいことで知られるほしのではなく、なぜか岡部が担当。「ご本人登場」で猫ひろしが登場すると、「やっぱりな」と有吉。歌い終わると、「お前、廊下で会ったとき気まずい顔しすぎだよ!」と事前に会ってしまったことを明かす。「カンボジアから来たの?」と聞くと、猫「コロナの関係で、ずっと来日中」。

チョコプラは、ホフディランに。ワタナベイビーに扮した松尾の歌声も、小宮山雄飛に扮した長田の風貌も完成度が高い! 本当にチョコプラは次から次に“ちゃんと似ているものまね”を作ってきてスゴい。「ご本人登場」では本当にホンモノのご本人が登場。

松尾は「スタートは、僕の声がワタナベイビーさんにちょっと似てるってことだったのに、蓋を開けてみると長田さんの顔が(小宮山に)そっくり」。小宮山本人も「ものすごい似てるんですよ。さっき廊下でびっくりして」と長田を絶賛。ワタナベイビー「意気込んできたんですけど、(長田と小宮山に)食われちゃいました(笑)」。

「おもしろ横浜スタジアムの人選手権」では、秋山不在で「×」の判定を受け「司令塔がいないんで」と有吉に言われたハナコ。岡部は「秋山が考えたやつ」と責任をなすりつけ笑わせていたが、新企画「モノボケリサイクルショップ」でも秋山不在。菊田は挑戦するものの、「岡部は熟考中です」となかなかでてこない。ようやく出てきたと思ったら自信なさげにネタを披露し、すぐ帰ろうとして「待て、待て! 逃げるんじゃないよ」と止められる。

長田「こんなんテンポだって!」、有吉「どんどん来たほうがいい」とアドバイスを受けると岡部が覚醒。「海賊王に俺はなる」「モンゴル相撲の横綱」「人類初エベレスト半裸登頂男」と自身の胸毛を利用したネタで次々と「○」を獲得。有吉「殻を破りましたね」。


今日観たい番組:出川哲朗らで「旧車芸人」など

『クセがスゴいネタGP』(フジ)COWCOW、かまいたち、くっきー!&川谷修士&福島善成、こがけん×峯岸みなみ、霜降り明星、ジャルジャル、スリムクラブ、チョコレートプラネット、天竺鼠、ハンバーグ師匠&GOING UNDER GROUND、日谷ヒロノリ&OWV、堀内健、中岡創一。

『アメトーーク!』(テレ朝)は出川哲朗&千原ジュニア&山口智充&バイきんぐ小峠&ロッチ中岡&バッドボーイズ佐田で「旧車芸人」。

『夜の巷を徘徊しない』(テレ朝)は「マツコが本当に住みたい街」。

『奇跡体験!アンビリバボー』(フジ)は「一発屋芸人たちの笑って泣ける実話」。

『川島・山内のマンガ沼』(日テレ)に森田まさのり。

『あなた犯人じゃありません』(テレ東)最終回。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太