三浦春馬論──三浦春馬の笑顔は、どうして脳裏に残るのか。



笑顔とは一面的なものではない

『映画 太陽の子』

人懐っこそうな笑顔ではある。屈託がない、と受け取ることも可能かもしれない。笑いたいから笑っている、そんなふうにも思える。しかし、労(いたわ)りが存在している。相手に対する労りが。つまり、その笑顔は、コミュニケーションであり、もっと言えばコラボレーションでもある。

投げかけであり、誘いであり、問いかけであり、和みの共有であり、こんにちはであり、はじめましてであるような、くしゃっとした笑顔。

ねえ、どうする?

そんな働きかけに、労りを感じる。

心を開け。と言われて、心を開く者はいない。それより、心を開いている自分を見せたほうがいい。強要するのではなく、自らリラックスの意思を示したほうがいい。

手を下ろすこと。
ガードしないこと。
丸腰であることを当たり前にすること。

三浦春馬のあの笑顔は、そのような笑顔である。しかし、彼は、その笑顔に依存してはいない。『映画 太陽の子』を観ると、そのことがよくわかる。なぜなら、ここには、それとは違うベクトルの笑顔が、多様に展開されているからである。

『映画 太陽の子』本編映像〜戦地から戻った弟。裕之の帰郷編〜

逆に言えば、あのような笑顔はない。

それは、彼が演じる束の間の帰還兵が接するのが、ほぼ家族(同然の存在も含む)に限られた物語であることと無縁ではない。手を下ろした笑顔は、主に血縁のない他者(あるいは世間)になされるものだから。

家族であれば、あらかじめ手は下ろされてあるのだから、わざわざ笑顔でその意思表示をする必要もない。そうして、彼は前述したとおり、慮る笑顔、快活な笑顔、シンプルな笑顔を、相手に差し出す。

私たちは、その笑顔を、この人物の人柄の反映と見るだろう。しかし、その反映は、ダイレクトなものではない。

彼は、相手に対して、その笑顔を提供してはいるが、実は、その笑顔はカムフラージュでもある。束の間の帰還兵である彼の魂は混迷の淵にあり、それを相手に悟られないようにするために、それらの笑顔はあった。ある意味、仮面としての笑顔。しかし、このペルソナこそが人柄の反映なのだ。三浦春馬の表現は、そのような精度に到達している。

ペルソナにキャラクターを託すこと。

本音に、人間の本質が宿るわけではない。たとえ建前であっても、生命の核心は見出すことができる。そのような発見をもたらすのが、『映画 太陽の子』における笑顔たちである。

笑顔とは、一面的なものではない。

無限の拡がりがあるし、他者への働きかけである一方、自身の防衛でもある。人間は、ホームだけで暮らしているわけではない。時には、アウェーに長く滞在することもある。相手によって、環境によって、シチュエーションによって、笑顔もまた変わる。自然に変化する。

ただひとつの笑顔があるのではなく、無数の、数え切れないほどの笑顔が、一体の人間には埋まっていることを、三浦春馬は伝える。

あの、チャーミングな笑顔は、むしろ、そのことを気づかせる、ささやかで大切なスパイスなのである。


この記事の画像(全23枚)



  • 映画『映画 太陽の子』

    2021年8月6日(金)全国公開
    監督・脚本:黒崎博
    音楽:ニコ・ミューリー
    主題歌:「彼方で」福山雅治
    出演:柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、田中裕子、國村隼、イッセー尾形、山本晋也、ピーター・ストーメア
    配給:イオンエンターテイメント
    (c)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太