千鳥・大悟「18の夏、野球を辞めて芸人になることを決めてよかった」と漏らした、ティモンディ高岸との野球対決(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】『IPPONグランプリ』をイラストでプレイバック!千鳥・大悟×バカリズム「広瀬香美ラリー」が最高過ぎた、なんそれ


『アメトーーク!』

「元・野球部芸人」延長戦。高3最後の夏の大会、千鳥・大悟はプレッシャーでグローブが手になじまなくなり、ショートで4エラー、最終打席は振り逃げセーフという成績だったと、実はプレッシャーに弱い一面をのぞかせる。「最後の夏の大会、負けた日の夜、コンビニ行ってブリーチと花火買うんですよ」と大悟。ゴールデンSP含め、いいエピソード連発だった。

ゴールデンでは稲村亜美と対戦した大悟は、ティモンディ高岸(キャッチャーは相方の前田)と対戦。「コイツ、ホンモンやもん」と慄(おのの)く大悟に、「野球、しましょう!」と満面の笑みで言う高岸。大悟「カツオか(笑)!」。

硬球での勝負のため、ケガをしないことを第一に考え始めた大悟。当てないように投げるからアウトコースが来ることを予想した大悟だったが、いきなりインコースに132キロのストレート。さらにインハイをエグる高岸。「高岸ぃ~、バラエティ!」と大悟。完全に腰が引けてしまった大悟はあっけなく三振。

2打席目は130キロのストレートになんとか当ててファールにするも、結局三振。110キロぐらいでという大悟の要望を受け「110キロの全力」で勝負した3打席目、自打球を受け「痛い!」と悲鳴を上げつつも「懐かしいね、この感じ!」と楽しそう。しかし、最後の1球はアウトローギリギリに入る厳しい球で見逃しの三振。

大悟「なんか、涙が出てきました。いろんなことを思い出して……僕は18の夏、野球を辞めて芸人になることを決めたんです。よかった、よかった、あのときの選択は」

全編、青春のきらめきがあってとてもいい企画だった。大悟が最後に提案していたように、このメンバー中心に野球チームを作って試合してほしい。

『クセがスゴいネタGP』

3時間スペシャル。しずるの「雰囲気だけ名作映画っぽいコント」に北乃きいが参加。鼻歌を歌いながら裸足で歩いて来る、といういかにもそれっぽい登場の仕方で出てくる北乃。一人称は「ボク」で相手を「キミ」と呼ぶ。

「悲劇には感謝してる。ボクの芸術に悲劇は必要なモノだからね」「ブルース・ハープは吹けるかい?」と、これまたいかにものセリフ。「あなたいつもロックンロールと手つないでるの?」と女性役の村上。このコントに「俺、(何がおもしろいか)全然わかんなかったね!」と、素直な感想を寄せるゲストの高橋克典もいい。ノブ「我々のツッコミがあって笑いになってる」。
 
3時間のラストを飾ったのはどぶろっくの『フグ』というタイトルの美しいド下ネタソング。ノブ「最低のエンディングや!」。


『トゲアリトゲナシトゲトゲ』

珍しくAマッソ加納がドッキリに引っかかり、某女性誌の恋愛企画を装った恋愛観のアンケートに答える。マネージャーにその企画のオファーがあると言われても、最初は「いや、ないでしょ?」とキッパリ断る加納。

「嫌や、ちょっとイジられてるんちゃう?」「これ、やってもうたら……っていうのもあるからなあ。後輩にも恋愛語らんのに女性誌には語るのは変じゃない?」「これで(Aマッソを)知る人がいたら最悪やで。『この恋愛してるヤツに興味出たからネタ観に行こう!』は最悪やから」と。それでも村上の自然なアシストもあり、引き受けることに。加納「ネタ書くよりしんどいかも……」。

「あなたが恋をする相手の共通点は?」「憧れる恋は?」「自分の恋心を相手にどう表現する?」「忘れられないデート」などという質問に対する回答を読み上げられ、照れまくる加納。最後の質問にはせめてものボケ回答をするのも加納らしい。加納「ちょっとずつ積み上げてきた信頼関係がゼロになりました(笑)」。

明日観たい番組:NHKで『第9回明石家紅白!』

『99人の壁』(フジ)。『ゲゲゲの鬼太郎』にキンタロー。、『週刊少年ジャンプ』にケンドーコバヤシ、『スーパーマリオ』に浅香唯。

『ただ今、コント中。』(フジ)。坂井真紀、高畑淳子、DAIGO、ジェシー、馬場ふみか、片寄涼太、佐野玲於。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジ)、「祝100回収録で向上長大はしゃぎ」。

『マツコ会議』(日テレ)、20代の起業家。

『有吉反省会』(日テレ)に棚橋弘至。

『アニマルエレジー』(テレ朝)、「ミーアキャット」「ジュウシチネンゼミ」。

『ゴッドタン』(テレ東)、Aマッソ、ウエストランドによる「ケンカ仲直り王決定戦」。

『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK)に高橋優。

『第9回明石家紅白!』(NHK)。稲垣来泉、Kis-My-Ft2、Creepy Nuts、斉藤由貴、THE ALFEE、花澤香菜。

『SWITCHインタビュー 達人達』(Eテレ)、清水崇×コウメ太夫。

『超速パラヒーロー ガンディーン』『ひきこもり先生』(共にNHK)最終回。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太