有吉弘行が明かす冠番組へのプレッシャー「俺はもう全然ない」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】有吉弘行「スベってもいいじゃん」。『有吉の壁』で送る若手芸人へのメッセージ


『ぼる塾の煩悩ごはん』

ゲストはヒコロヒー。「○○しちゃってください」「いっちゃってください」などと軽く言うような「“ちゃってください系”のスタッフさんでろくな人、見たことない」とヒコロヒー。

そうしたスタッフに対する話の流れであんりが、演者の目の前でADを怒鳴るような、ADにすごく厳しいディレクターの例を出し、「カンペのペン忘れたことそんなに悪いこと? 取ればいいじゃない、みたいなさ。なんなら私、書きましょうか?くらい言いたいけど、でも私たちの立場じゃ、今その人のことを守り切れない。でも、売れてらっしゃる先輩が、守れるようになったら守ればいいって。だから私もこうやって成長していくなかで、ホントに守れるような人間になろうって」と語る。

あんりが「いつか私が守る」と言っていたのを田辺も聞いたことがあるという。「言いたかった、私、ADさんに。早く力が欲しい。その人を守るために」とあんり。めちゃくちゃカッコいい。

ヒコロヒーは今後の野望を聞かれ、「誰々よりこうなりたいとか、みんなの上に立って天下獲りたい」というよりは、「けっこう、人かなと思う」と語る。「このスタッフさんと番組を作ってみたいとか、この芸人さんと一緒におもしろいことをやっていきたいとか」。

『櫻井・有吉THE夜会』

こちらでもスタッフとの関係の話に。ゲストのニューヨークが冠番組に向き合う姿勢について相談。冠番組のプレッシャーはあるのか、と問われ有吉は「俺はもう全然ない」と答える。「関係ないじゃん、どうせスタッフ次第じゃん。ひと言ふた言話せばさ、ああ、この人たちはよくある企画をパクる人たちだなとか、オリジナリティある人で信頼できるなって、1回会えばわかるじゃん。口出ししないほうがいいよ。千鳥も黙ってやってるじゃん」。

櫻井が、自分の番組のオンエアは観るかと聞くと、有吉「よっぽど、なんだったんだ?っていうときは確認する。なんであんなカンペ出したんだとか。編集どうしたいからああなってんだ?とか。オンエア観て、あー、やっぱりああいう人なんだなって」。

さらに、ティモンディ前田がひどい扱いをしたスタッフをメモしているという話には「俺もリスト作るくらい、こいつは許さないっていうのは確かにあったし、絶対に忘れないし、絶対いつか叩きのめしてやると思ってたけど、いざ仕事が増えてその人と対面すると、バカバカしい、自らの手汚すことないわって思っちゃうよ。惨めに見える。まだこんなことやってんだ、この人はって。だからあんまり書いても意味ないよ。あんまり復讐する機会ないと思う」と語る。根底に底知れないくらいの諦観があるんだろうなと感じる。

ニューヨークの人気について、「最近、女の子人気」が出てきたと横澤夏子が分析。なぜ女の子から彼らが「かわいい」と言われるのかを、ニューヨークのグループチャットに“スパイ”を送り込み調査したという。それによると「屋敷が嶋佐のボケにちゃんと笑ってるところが一番かわいい」と。


『脱力タイムズ』

芸人ゲストはシソンヌ長谷川。打ち合わせや台本とはまったく違うことをして芸人ゲストを翻弄していくこの番組。前半はやはりそんな展開がつづき、長谷川もそれに懸命にツッコんでいく。

が、後半、長谷川の楽屋が“盗撮”されたと、長谷川とスタッフとの打ち合わせの風景が。すると、ここまでのやりとりが打ち合わせどおりであることが明かされる。「こんなんもうルール違反ですよ!」と長谷川。「ほんと補償してくれよ、今後! フジテレビさん、今年いっぱいは面倒見てくれよ!」「怖いですよ、一番怖いですよ!」。

相変わらず手を変え品を変え芸人を追い詰めていってスゴい。

明日観たい番組:芸人21組が集結する『いきなり日本を笑わせろ!』

『週刊さんまとマツコ』(TBS)、「2人でお弁当作ってみた」完結編。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)、バカリズムらと『FIFA21』後編。

『いきなり日本を笑わせろ!』(フジ)。阿佐ヶ谷姉妹、インポッシブル、おいでやすこが、蛙亭、カミナリ、くっきー!、ザ・マミィ、シソンヌ、ジャングルポケット、ゾフィー、チョコレートプラネット、土佐兄弟、ニューヨーク、ネルソンズ、ハナコ、ヒコロヒー、マヂカルラブリー、みかん、ゆりやんレトリィバァ、吉住、吉村崇。

『ボクらの時代』(フジ)、常盤貴子×鈴木砂羽×中川翔子。

『おかべろ』(フジ)に川田裕美。

『おしゃれイズム』(日テレ)に氷川きよし。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太