“まっとう過ぎるクレーム”が連発した『オドぜひ』『ソウドリ』『マヂカルクリエイターズ』(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】夏目三久と5年ぶり『怒り新党』。有吉・マツコとの深い関係性を雄弁に語る“沈黙”


『マヂカルクリエイターズ』

「謎解き界のすごい人達と仲良くなりたいよ~!」ということで、矢野了平や日高大介ら「ほぼ黒、ほぼ眼鏡」の5人で結成された“謎解き界の嵐”が登場し、「vs嵐」と称して対決。その前に“謎界のクリカン”こと日高が、前回出演時にも披露したクリカン完コピモノマネメドレーを延々と披露。「頭よすぎる人ってこういう人多い」「こういうのだいたい2個やねん」と呆れながらツッコむとろサーモン村田。

「ブレインリアクション」と名付けられたゲームで対戦。ルールは、“謎解き界の嵐”の5人それぞれが作った問題を、マヂラブチームが制限時間100秒の間に解く。その余った時間+10秒間、事前に決められた「フリースタイルラップを照れずにやる」「足つぼマッサージで声を出さない」などのミッションをやり抜いたら、嵐チームの勝ちとなるルール。

相手が謎解きに答えられなくても10秒間はやらないといけない謎仕様に“パズルの王子様”こと堺谷光が、「改めてなんですけど、なんで解けなかったのにやらないといけないんですかね?」とまっとう過ぎるクレーム。ただただ、くだらなくて最高。

あと進行役のGAG宮戸が謎解き中、謎解きの基礎知識をさり気なく解説しているのもよかった。

『賞金奪い合いネタバトル~ソウドリ~』

思っている以上にドン・アリタこと有田哲平が前面に出たネタ番組だった。ドン・アリタは、いわゆる「高田総統」の口調とド派手な衣装で口上。25名の観客審査で1票=4000円でトーナメントを勝ち上がり優勝したら、総取りできるというルール。アリタの部分以外は出演者のトークも少なめでストイックなネタ番組という印象。

初回の対決は「異種格闘技賞レースファイナリストバトル」。『M-1』の錦鯉 vs『R-1』のZAZY vs『キングオブコント』の滝音というもの。今回の勝者は40000円(つまり10票)を獲得した錦鯉。他の2組の票の内訳も見たい。滝音・さすけは「ファイナリスト対決って聞いてたのに、変態が2組。勝てるわけがない!」とこちらでもまっとうなクレーム。


『オドぜひ』

コウメ太夫の「チクショー!」を全力でやるとストレス解消になるという“ぜひラー”の話を受けて実演してみる面々。

春日は「渡部さんの謝罪会見をテレビで見ていたら~、クミさんに他人事じゃないからねと言われました~、チックショーー!」と絶叫。これに若林が最初「10点満点」をつけるもすぐに訂正し「0点」に。クミさんが「チクショー」と言うならわかるが春日が言うのはおかしい、と。

今度は若林が“見本”を見せることに。「プライベートのバスケで膝を怪我したから~今めちゃめちゃ膝が痛いです~チックショーー!」。これに春日は即座に「0点」と算定。春日「だってさ、自分が言ってたことをさ、怪我したのは自分なんだからチクショーじゃないんじゃない? あたしにはそれで(点数)引いたんでしょ。お前が悪いんだって」

まっとうなクレームが、まっとうなぶん、くだらなくておもしろかった。

『さんまのお笑い向上委員会』

同期のかまいたちが「間違いなく同期全員が天才だと認めている」と紹介する形で天竺鼠が登場。川原は“初さんま”。独特な絡み方をする川原に「僕ら言ってたんです! 天竺がこの番組出るってなったとき、絶対さんまさんと合わないって!」と山内。濱家「芸歴重ねてきたり、大阪から上京してきたら、だんだんまわりと調和して丸くなるじゃないですか? こいつ、年々尖っていってるんですよ」。

明日観たい番組:『有吉の壁』にママタルト初参戦

『有吉の壁』(日テレ)「おもしろニトリの人選手権」ママタルト初参戦。「フリップマーケット」。

『審査員長・松本人志』(TBS)「映画のシーンが現実に!近未来テクノロジー」「スゴいっちゃスゴいけど、全然うらやましくない特技」など。

『あちこちオードリー』(テレ東)はケンドーコバヤシ&蛙亭。

『お笑い実力刃』(テレ朝)はジャルジャル、シソンヌ。

『それって!?実際どうなの課』(日テレ)「バラエティーの常識を覆す!?何でも出来ちゃう女優・森川葵の真髄SP」。

『キョコロヒー』(テレ朝)は「ダンサーはジモンの肉話で踊れるか?」。

『まんが未知』(テレ朝)は錦鯉。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太