ビートたけしが「関東の漫才の完成形」と評するサンドウィッチマン「目指してたのはアレだった」(てれびのスキマ)


昨日観た番組、そこで得た気づきを綴る連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日更新中の“てれびのスキマ”によるテレビ鑑賞記録です。


『プロフェッショナル』

サンドウィッチマンに密着。「コンビの夢ってずっと解散しないことだと思うんですよ。ちゃんとコンビでいる意味を持つためにネタをやりつづけたい」という伊達。

サンドウィッチマンについて、ナイツ・塙は「ネタ作るっていうのに関しては、富澤さん天才だと思いますよ」「富澤さんのちょっと声高くなるところとか。美空ひばりさんじゃないですけど、絶対音感みたいなものを富澤さんが持ってるんじゃないですかね」、土屋は「伊達さんのツッコミのトーンが一番正解だと思いますね。完璧なツッコミ。それがあんまり計算されてるように見えない」。

中川家・剛は「別に台本を読むとおもしろくないんですよ。でもサンドウィッチマンがやるとものすごくおもしろいんですよ。あれ、誰も真似できない。ということはサンドウィッチマンの人間力なんですよ。あんな裏表のない芸人は初めて」などと、芸人仲間が評する。

『M-1』の決勝にあと一歩届かなかったころを回想し、「たぶん僕のせいなんですよね。ボケはいい。台本もいい。やっぱりツッコミが相当ヘタだったんですよね、僕が。いろんな人のツッコミを勉強しました」と伊達。

一方、富澤は「もっと感情を入れるってことです。そこは変えました。淡々とやるんじゃなくて、本当にふざけてるというか。怯えてる人とか、怒ってる人とかも」と語る。やっぱりこのあたりが紙一重だけど、大きな差になるのだろうなと思った。

震災について「(現地に)いる人間と、いない人間の説得力、言葉の重みっていうのが違うと思う」「だからできる限り行くんですよ」という伊達の言葉は重かった。

「プロフェッショナルとは?」の質問には、伊達が「期待に応えられること、期待されること」と答え、スタッフに対し「刺さってないですか?」と笑う。富澤「プロフェショナルって『変態』だと思います。刺さったでしょ?(笑)」

途中、伊達がポロッとこぼした「ずっと毎日が奇跡ですよ今、本当に」というひと言が胸に刺さった。

『人生最高レストラン』

200回記念でゲストはビートたけし。「お笑いって悪魔だと思うんだよね」と語るたけし。「お葬式とかそういうとこに、必ずお笑いの悪魔が忍び寄るよね。足しびれてきちゃったりとかさ。結婚式の祝辞間違えたりとか。儀式のときって悪魔のようにお笑いが忍び込むんだよ。その悪魔が好きなんだよ」。

もし、たけしが今、漫才をやるとしたら誰と組みたいかと問われ、サンドウィッチマン伊達と答えるたけし。「伊達がボケて、俺がツッコむ。そういうのやってみたいね」と。「サンドウィッチマンのボケとツッコミは、関東の漫才だったら完成形かもわかんないね。アレとナイツと。自分が若いころ目指してたのはアレだったなって感じはある」。


『水曜日のダウンタウン』

656組から厳選された40組が5つのブロックに分かれ、30秒の動画で競う「30-1グランプリ」。ここからスターを生んでいきたいという話になると「過去『水曜日のダウンタウン』からスターって出たことある?」とツッコむくっきー!。

審査員はバカリズム、くっきー!、陣内智則、伊集院光、松本人志という、ほかの大型賞レース番組と遜色ないどころか凌駕すると言っても過言ではないメンツ。

Aブロックを終え、伊集院が「もっとクオリティ低いのだったら俺らも簡単に決められるけど……」と言うように、かなりちゃんとしたネタばかり。審査ではプラス・マイナス岩橋と「水曜日のダウンタウンが生んだ唯一のスター」のななまがりが2-2で並ぶ展開に。ななまがりのネタに対しバカリズムは「気持ち悪い入口から入ってオチがクール」と評したり、審査コメントもしっかりたっぷり。

決勝に残ったのは、岩橋、いぬ、ジェラードン、ニッポンの社長、チャンス大城。ブロックごとの偏りがあったり、2本目のネタが全体的に弱かったり、奇しくも賞レースあるあるが起こるなか、2票を獲得したいぬを1票上回ったニッポンの社長が優勝。

「年イチでやっていきたい」と最初にプレゼンターのバカリズムが言ったように、恒例になってほしい、想像以上にちゃんとした大会だった。

今日観たい番組:『約束のネバーランド』最終回など

『アメトーーク!』(テレ朝)「芸人ドラフト会議」。

『夜の巷を徘徊しない』(テレ朝)最終回。

『おもしろく入る部屋 ※東野幸治 監視中』(テレ東)第3夜。

『植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之』(Eテレ)第5弾。

アニメ『約束のネバーランド』(フジ)最終回。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太