オアシズが起こしたお笑い芸人「3大革命」(てれびのスキマ)


昨日観た番組、そこで得た気づきを綴る連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日更新中の“てれびのスキマ”によるテレビ鑑賞記録です。


『バナナサンド』

オアシズがゲスト。番組では彼女たちが起こした「3大革命」を紹介。ひとつ目は「高学歴女性芸人」革命。知的なイメージを持つ女性芸人のパイオニア、大久保がOLやりながら芸人としても活躍したのも先駆けだったと。

ふたつ目は「妬み・ひがみを武器にした」革命。それまでの女性芸人は「陽」のキャラだった。男性芸人ではすでにいたが、女性芸人ではクラスの中心ではなく端にいたタイプは先駆者だと。光浦靖子は『とぶくすり』に、「かわいいフリの子」の本田みずほに対して「ブスのオチの子」としてキャスティングされ、それがハネたきっかけではないかと語る。

本田のことを陰で悪く言っていた光浦だが、「嘘をつけないし、嘘をつくことが嫌い」な性格だったため「表でも事実を言った」。そうしたら「こんな性格悪い人初めて」とみんなが笑った。そのとき、ディレクターから「お前、ヒールでスターになれるぞ」と言われたそう。一方、大久保は「エロス」という武器を用いてもう一段ブレイクしたんじゃないかと、設楽が分析する。

最後は「プライベートさらけ出し」革命。大久保「プライベートで変な人に会っても、エピソードとして話せるなって。そのくらい平気になっちゃってるから、もう幸せになれませんよ(笑)」。

『イグナッツ!!』

ド定番の「NGワードゲーム」をすることに。NGワードを言ってしまった人は、放送上、小さくサイズダウンというルール。だからゲーム中は自分がNGワードを言ったかはわからない。R-指定のNGワード「俳優」を言わせるため、「ゲストどんな人を呼びたい?」と誘導する兼近。だが、松永が「アイドル、アーティスト……どういう職業がいい?」と深追いしてしまったため、R-指定は警戒(ゲーム後、自分のNGワードは「ラッパー」だと思っていたと微妙に勘違いしていたことが判明)してしまう。

りんたろー。の「打席」というNGワードを言わせるために兼近が「でも、ゲスト呼ぶと自分たちの出番は減っちゃう」と自然な流れで話題を変えると、「打たんことには始まらない」とR-指定。ここで松永がしつこく「回ってくるでしょ?」とヘタな仕かけをし、自分のNGワードが「打席」だと確信するりんたろー。「雑魚過ぎない?(笑)」。

兼近が終始うまく話題を変えて誘導していくのに対して、松永がヘタ過ぎる仕かけでNGワードを気づかせてしまうという展開がつづく。R-指定の「りんちゃん」を誘導しようと、お互いの呼び方をもっとフランクにしようと提案。松永が兼近のことを「大ちゃん」と呼ぼうかと言って、R-指定に振るも、Rは「りんちゃん」とは言わない。

そこでりんたろー。が兼近に「呼び捨てもいいんじゃない?」とキラーパス。自分が仕かけている側だから油断したのか、自分のNGワード「大樹」を連発してしまう兼近。どんどん小さくなっていき、最終的に5%にまでなってしまう。この見せ方が無性におかしく、定番ゲームでも、見せ方によっておもしろくなるんだなと改めて思った。

どんどん仕かけるけど、脇が甘く守りが弱い兼近、素直過ぎる松永、慎重なR-指定、策士で察知能力が高いりんたろー。と、4人の個性がよくわかるゲームだった。


今日観たい番組:『金スマ』で「ハライチ結成15周年SP」

『かりそめ天国』(テレ朝)、2時間SP。

『金スマ』(TBS)は「ハライチ結成15周年!ワタナベ芸人総勢29名でお祝いSP」。

『脱力タイムズ』(フジ)はニューヨーク屋敷&山崎紘菜。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)は「空耳アワー’21スプリングコレクション」。

『新日ちゃん。』(テレ朝)は『ファイヤープロレスリング』をプレイ。

『ももクロちゃんと!』(テレ朝)に古川洋平。

『ドキュメント72時間』(NHK)、「福島・浪江 小さな弁当屋にて」。

『金曜日のソロたちへ』(NHK)は「緊急時のソロたちへ」。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太