『お笑い向上委員会』で明かされた芸人たちの素顔。納言・幸は気遣いの人、蛙亭・中野は彼女が途切れないモテ男(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2021年のテレビ鑑賞記録。


『さんまのお笑い向上委員会』

ずん・やすと納言・幸が以前デートをしていて、幸もやすのことを好ましく思っていたという話題から、アルピー平子家の忘年会で幸が小3の長男につきっきりで話をしてくれたという話や、家で飲んでいる際、岩倉が「甘いもの食べたい」と何気なく言うと、幸がいつの間にかいなくなり買ってきてくれたとか、気遣いの人であることが明かされる。

それを機にワタリ119が幸は「寂しがり屋」だと言い出すと、幸はワタリと飲みに行ったときに「幸さん、お願いなんでおっぱい揉ませてください」と懇願されたことを暴露。その店がすしざんまいだと明かされると、とにかく明るい安村「めっちゃくちゃ明るいわ、あの店(笑)」。

「女として見てるってことやろ?」とさんまが問うと、ワタリが「正義と悪がぶつかってんすよ」と言う。これに突如、「恋愛マスター」として覚醒した蛙亭・中野が「まず、好きとか抱きたいを『悪』としてるのが間違い」と口を挟む。

実は中野は、彼女がいない時期がずっとないほどのモテ男だそう。中野「俺ら、みんな悪かぁ!?」「今、言えよ! ここで言わなくて、このあと、どっかで言うタイミングが来ると思うなよ!」「失って気づくとか言って、また失おうとしてる!」「好きかどうか、それだけ聞きたいんだよ!」。

『伯山カレンの反省だ!!』

ゲストに今田耕司がついに登場。伯山は山藤章二と対談した際、「頂上に登り詰められる人が8合目くらいにいるのが一番幸せ」と言われパッと思いついたのが今田だったそう。

最近はYouTubeでゲーム実況などをしているが、「8合目だからできる」と笑う今田。ダウンタウンやさんま、伯山のようなカリスマが自分みたいなことをすると「ガッカリする人が多くいる」。「ここで“伯山”やっとかな」みたいなのがあるでしょと指摘。

『アナザースカイⅡ』で共演した際、「まわりに対する気遣いがすげえなって。伯山をやったほうがいいのか、やらざるべきかっていうのをものすごい考えてる」と思ったと今田が言うと、「そんなこと考えてたんですか?」と驚くカレン。伯山「(カレンに)なめてんじゃねえよ!(笑)」。

そのあとは、フジテレビのスタッフ間で派閥争いがあったという話や『4時ですよーだ』のころの話。前説と後説を担当していたが、前説はいいが後説がしんどかったという。番組が終わると客は劇場から出るダウンタウンを追っかけたい。劇場スタッフが扉を閉め、客を“監禁”して「出せー!」などと叫ばれているなか、じゃんけん大会などで足止めするのが後説の役割。

心が折れた東野幸治が適当に流してじゃんけんをしていると、舞台袖から当時・劇場支配人だった大崎洋(現会長)が呼ばれる。今田はそれを横目で見ながらじゃんけんをつづけていると、東野が大崎に腹を蹴られていたという。今田「激昂するんですよ、大崎さんって。だから俺は40倍くらいの声で『じゃんけーん!』って(笑)」。

大崎が新喜劇の担当になると、今田・東野も新喜劇へ。だが「東野は新喜劇行くなら辞める」という。今田が引き留めようとすると東野は「植木屋になりますわ」と言ったそう。今田「(植木屋志望なんて)聞いたことない!」。このころの話は何度聞いてもおもしろい。


『ゴッドタン』

放送700回記念回。レギュラーメンバーでも皆勤賞はいないという。その理由を松丸が「ひとりさんインフルエンザ、矢作さんコロナ、小木さんガン」と。ひとり「オチで使うな、ガンを!」。

劇団ひとりは、自身の神シーンとして「キス我慢選手権」でのアドリブ演技を挙げる。「今観ても感動する。よくできたなあって思う。すごいんだよ、あのときって」と自画自賛。ゾーンに入ってる状態だったという。「脳みそって普段1〜2割しか使ってない。あのときは完全に10割! 言葉があるの。そこにある言葉をただ言うだけ!」「俺、もうできないよ、あれは……」。

小木は別の番組でみひろと再会し、「みひろがますますいい女になってる」とひとりとの再共演を提案。「もうちょっとあとでいいかな。もっと歳取ったときにやりたいな。渋いキス我慢ができるぜ」とひとり。観たい!

今日観たい番組:かまいたちが『おしゃれイズム』に登場

『シンパイ賞!!』(テレ朝)は、おいでやすこが&蛙亭。

『テレビ千鳥』(テレ朝)は「こたつ出とうないんじゃ!!」。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)は「第3回桃鉄王」後編。

『ガキの使い』(日テレ)は「浜田老い老い裁判」後編。

『おしゃれイズム』(日テレ)にかまいたち。



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太