ラストアイドルが伝説のラップバトルを再現。長月翠が完璧なDOTAMAになる(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2021年のテレビ鑑賞記録。


『霜降りバラエティ』

ラストアイドルとコラボして、せいや得意の完全再現ショー。織部金次郎につづいて行ったのは、まさかのラップバトル。2013年の「ULTIMATE MC BATTLE」決勝戦・DOTAMAvsR-指定の名勝負を、DOTAMAを安田愛里、R-指定をせいや、MCの晋平太を長月翠で再現。

さらにその1年後の再戦も、今度はDOTAMAを長月翠、晋平太を安田愛里と入れ替えて再現。ラップはもちろん動き(DOTAMAがR-指定のアンサーを聞いて笑みを浮かべるところも)まで完璧に。が、MCの台詞を間違ってしまうと、幕が降りる途中からせいやが「愛里、また間違えてたやろ!」と厳しく叱責。

つづいて霜降りのラジオでもおなじみの『マネーの虎』堀之内社長をせいや、小林社長を間島和奏、加藤社長を長月翠、河原社長を安田愛里、がなり社長を大森莉緒、志願者を西村歩乃果、吉田栄作をAD田名網という配役で再現。ザコシショウのモノマネでよく聞く「謙虚になれよ!」まで。それを見ている粗品の豪快な“大名笑い”が響き渡る。

『あちこちオードリー』

ゲストはCreepy Nuts。レギュラー番組を抱えるようになった彼らに「これから味わうわけよ、レギュラー番組が終わる瞬間を。あれは寂しいぞー!」と若林。春日も「まだつづきそうなニュアンスで終わるときがやっぱキツい」と追随する。

それを受け松永が「テレビ出てる人たちって自発的に仕事できないじゃないですか。それを頼りに生活してるってしんどくないですか?」と問うと、「本当に運としか言いようがないですね」と若林が語る。

「始まるときは始まるのが多い。減るときは減るのが多くて、ちょうどいいスケジュールがない。テレビがすごい多いか、すげぇ少ないか、どっちか。みんなそういうのに揉まれて変な数珠とかしちゃうね(笑)」。

知名度が上がるにつれ、誰かを傷つける可能性があるから「ラジオでは風俗の話をしなくなった」との松永の話を受け、「とんだ風俗野郎だった」という過去を回想する若林。確かにラジオで毎週のように風俗話をしている時期があったなあと思い出した。

店員と風俗嬢のバーベキューに呼ばれるほど常連だった若林は「風俗行くのめんどくせぇなって思いながら風俗行ってた」と述懐する。「歯医者行くとき、面倒くさいじゃん。一緒」「歯って虫歯になったら治療しないとどんどん悪くなる。こっちはテレビ出すぎて心が虫歯になってんのよ。だから風俗で銀とか被せないと、もっと悪くなっちゃうんで」。

最後に語った漫才の速さの変化についても興味深かった。自分たちの昔の漫才を見るとテンポが速く感じ、今の自分たちは遅いと感じるが「速くやろうって気持ちが起きない。もうちょっとダラダラふたりでおもしろがりたくなってる」という若林。

「無理して若手っぽく速くやると、ちょっと痛く見えちゃうのかなとか。それを感じるのが初めてなの。で、すっごい戸惑ってるの」と明かす。それを聞いてR-指定も「ラップの速度も歳を重ねるとゆっくりになっていく」かもしれないと国内外のラッパーを例に出して語る。だが「エミネムだけは速くなっていってる」とR-指定。文字数も多くなって曲も長くなってる。怒る対象も増えてる、と。松永「ずっと怒ってる(笑)」。


『スクール革命』

品川祐がMCで「スクール革命名鑑 お笑い第7世代編」。番組終盤には「発掘!第7世代」と題して、スマイラーズ、まんざらでもねぇ、シンクロニシティ、Yes!アキト、フタリシズカの5組がネタ披露。

テレビ初出演の男女コンビ・シンクロニシティは女性の吉岡が無表情でボソボソしゃべるキャラクター。ネタ終わりも表情を変えない吉岡に、品川が「お前もっと喜べよ」と言うと「楽しいです」とまったく表情を変えないまま答える。

フリーのため、ネタのアドバイスをもらう先輩がいないという話では「アドバイスできないよ、吉岡さんに。なかなかこんな人いない」とザキヤマ。その独特すぎるキャラに品川は「深堀したくなる」と興味津々。ザキヤマも「出てきた瞬間に掴まれちゃったもんね」と絶賛。

結果、優勝はシンクロニシティに。「もっとみなさんとお話したかったです……」とか細い声で感想を語る吉岡。以前、僕もインタビューしたけど、本当にシンクロニシティはめちゃくちゃ独特で不思議な可笑しみがあるコンビなのでブレイクしてほしい。

月1本のライブ出演で『M-1』『KOC』準々決勝進出! 社会人コンビのライブと賞レースの微妙な関係

https://news.yahoo.co.jp/byline/tvnosukima/20200119-00159428/

今日観たい番組:「英語禁止ボウリング、すゑひろがりず最強説」など

『有吉の壁』(フジ)は「おもしろバレンタイン選手権」。

『水曜日のダウンタウン』(TBS)「ネタ番組でつけられたキャッチフレーズ、どんなにしんどいモノでも渋々受け入れちゃう説」、「英語禁止ボウリング、すゑひろがりず最強説」、「イタコが降ろした故人にも催眠術かけられる説」。

『バナナサンド』(TBS)にカンニング竹山。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太