クロちゃんがフラれて激昂「一番キツい」。まるで「令和の寅さん」な泣き姿(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2021年のテレビ鑑賞記録。


『水曜日のダウンタウン』

クロちゃんダイエット企画、というかトレーナーのサヤカさんへの恋愛企画。

ダイエット生活21日目でのサヤカさんとの初デートでは、「10キロ落とす」と宣言。そして29日目で宣言どおり、10キロ減に成功。「やったやったやったやったよ、サヤカちゃん!」と、本来の目的である豆柴の大群のことはすっかり頭にないまま興奮。ちょうど翌日、サヤカさんと食事の約束をしているという。スタッフにも「変な入れ知恵とかしてないよね?」などと本気の恋愛であることを念押し。

そして当日、泣きながら真剣に告白するクロちゃん。しかし、サヤカさんの答えは「恋愛感情とは違う」「付き合うことはできない」と。「え、え、え? あの……。だって『告白、楽しみにしとく』って……。え、え? 言ったよね?」と迫るが、「ダイエットのモチベーションが下がらないように、思わせぶりな態度を取ってほしいって番組から頼まれてた」と、ちゃんと言うサヤカさん。呆然とし、泣き崩れるクロちゃん。

「帰んないで。帰ったらもう終わるじゃんか! まだ……まだわかんないから! まだ時間ちょうだいよ」と訴えるも、その場を去ってしまうサヤカさん。そこにスタッフが出てきて「お店閉まるんで……」と言うと、クロちゃんは「なんだよ、なんで現れるんだよ!」「騙したな!」「なんなん? 結局、仕掛け人じゃんか!」「やってくれたな、マジで!」と激昂。

スタッフは「サヤカさんには『仕掛け人とか関係なく告白を受けるかどうかは判断してください』と言ってあって、『断ってくれ』とは言ってない」と説明。クロちゃん「じゃあ、一番キツいじゃん……」。

泣きながらタクシーに乗って帰るシーンに流れるBGMは「男はつらいよ」。ヒャダイン「令和の寅さん(笑)」フジモン「クロさん、ね」。

『かまいガチ』

なんも説明がないまま突如ドラマが始まる。

『かまいガチ』収録後、「あー、おもんな」と濱家が呟くシーンからスターとし、楽屋で「解散しようか」と切り出す山内。「最近、素を出し過ぎやねん。泣き顔とか負け顔とか、素直過ぎんねん」と言う山内に、濱家が「それが逆に評価されて、東京で冠番組持たせてもらってるちゃうんかい?」と返していく虚実入り乱れたドラマ。

マネージャー役はなんと黒木華、脚本も渡辺雄介と本格的。特にオチも企画趣旨の説明もないままエンドロールが流れ、次回予告ではいつもどおりのバラエティ企画(ただし、ドラマで使われていたホワイトボードが)。

次回、何か説明ががあるのかもわからないけど「なんだこれ?」感満載でおもしろかった。


『千鳥vsかまいたち』

昭和のおもちゃで遊ぶという企画で、負けたら「一生カニクリームコロッケ禁止」というルールで「ブタミントン」を。本気でそれをするだけでひたすらおもしろい。最後は「膝立ち」ルールを破った大悟の姿がしっかりカメラに捉えられていたため、かまいたちの勝利。

『テレビ千鳥』

こちらでも「野球盤」で遊ぶというだけで30分。やはりたびたびズルをする大悟だが、白熱の対戦で逆転勝利。こういうの、ずっとずっと観ていたい。

今日観たい番組:「仲良し同居芸人」など

『クセがスゴいネタGP2時間SP』(フジ)「歴代チャンピオン大集合スペシャル」。

『アメトーーク!』(テレ朝)はチョコレートプラネット松尾&シソンヌじろう&ジャングルポケット太田、アインシュタイン稲田&すゑひろがりず三島、霜降り明星せいや&ニッポンの社長ケツ、オズワルド伊藤&蛙亭・岩倉で「仲良し同居芸人」。

『有吉の世界同時中継』(テレ東)古代エジプトの棺を開けたぞ&海外の巨大スーパー潜入SP。

『LIFE!』(NHK)に小林聡美初出演。「うっちゃん」第2話。

宮藤官九郎脚本、イッセー尾形主演『ワタシたちは ガイジンじゃない!』(NHK)地上波版放送。

『櫻井・有吉THE夜会』(TBS)に北川景子&芳根京子。コーナーゲストにザコシショウら。

『VS魂』(フジ)に古田新太、阿部サダヲら。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太