『サンジャポ』で爆笑問題・太田から休養中の田中にメッセージ「また一緒に漫才やろうぜ!(笑)」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2021年のテレビ鑑賞記録。


『サンデー・ジャポン』

爆笑問題・田中の代役として、くりぃむしちゅー上田晋也。この登場にぺこぱら出演者が騒然。中でもフワちゃんは「やったー!『太田上田』だ!」などと大はしゃぎ。上田に抱きつこうとして、太田に「ソーシャルディスタンス!」と止められるほど。

「日本一のMC」「私が一番頼れる相手」と太田が上田を持ち上げると、田中がコロナで休んだときも代役を頼まれたが、そのときはスケジュールNGで断ったと経緯を説明した上で「あなたもう30年以上芸能界にいるんだから、そろそろ知り合い増やしてくれないかな」と笑わせる。

すでにほぼ普段どおりの体調に戻っているという田中に対しても、「俺がLINE送っても一切返事もしない。田中、いいかげんいしろよ!」とツッコむ上田は「田中さん、ご覧になってるでしょう。照れくさいかもしれませんけど、ピーちゃん(太田)からメッセージがございましたら」と振ると、太田「また一緒に漫才やろうぜ!(笑)」。

『シンパイ賞!!』

「ちゃんとブレイクできるかシンパイ」だという錦鯉特集。出てみたい番組として挙げたのは『主治医が見つかる診療所』、クイズ番組、『徹子の部屋』、恋愛リアリティー番組、食レポ・大食い系番組、『SASUKE』、密着系番組。「1個もお笑い番組がない!」とツッコむ太田。

『主治医が見つかる診療所』については「僕が健康診断を受けたのがもう10年以上前なんですよね。それから10年間健康診断してないんで、あちこちヤバいと思うんですよ。だから、番組的にはいろんな箇所が見つかるんで、宝庫」と長谷川。

「左膝、2回水抜いてるんですよね。今もちょっと痛いんで、もしかしたら溜まってるかもしれない」とつづける長谷川に対して、せいや「『膝の水ぜんぶ抜いてみた』出たら?」と見事な返し。

『SASUKE』については「死んじゃう」とまわりからツッコまれるも「今がギリギリかな」と渡辺。が、「痛風のヤツ、出てないよ」と17年間痛風持ちの渡辺に田中が冷静にツッコむ。一方の長谷川は「僕、意外と動きにキレがあるんです」とオリジナルダンスの「ノリノリまさのり」を披露。せいや「ほぼ伊勢ダンスですよ(笑)」。

密着系番組のシミュレーションとして渡辺が長谷川のアパートへ。そこで「宝物」として見せたのが、「唯一持っている賞状」だという昭和58年(当時12歳)にもらった「チョロQ爆走レース」の賞状。

ほかにも小学生のころに描いたオリジナル漫画や、26年分の500冊以上のネタ帳など物持ちのよさを見せる。冷蔵庫の上には抜けた歯も。なぜ抜けたのかと聞かれると長谷川「(ライブで)ネタをやっているときに『まさのり音頭』を歌ってて、『お母さん~!』って言うときに歯、ポーン!って飛んだ(笑)」。


『テレビ千鳥』

大悟は「六さんよ」と道場六三郎風の格好で登場し、「最高の目玉焼きを作りたいんじゃ!!」と企画を説明。ノブは金萬福風の衣装に。

「白身はきっちり焼く」「黄身は半熟。6割は固めで4割トロリ」という理想の目玉焼きを目指すことに。ほぼ目玉焼きを作ったことがないというノブが、まずは挑戦。フライパンを温めるところからあたふたしつつも、いい感じで卵を落とすと「どうすんの?」とパニックになりつつもフタをする。そしてでき上がると、サンプルのようにきれいな目玉焼きが完成。焼き具合もちょうどいい。

一発目でほとんど文句なしのものを作ってしまうノブに、「コイツ、完璧なん作りやがった……」と大悟。黄身の具合もほどよく、大悟「それ、それ! ワシが言うてたのそれー!」。味ももちろん「べらぼうよ」とノブ。これができてしまうところが今の千鳥という感じがする。「理想の黄身はもうちょっと固め」ということで、そのあともふたりが目玉焼きを調理するだけでずっとおもしろい。

今日観たい番組:香取慎吾主演『アノニマス』がスタート

『YOUは何しに日本へ?』(テレ東)に香取慎吾。

『ファミリーヒストリー』(NHK)はバカリズム。

『しゃべくり007』(日テレ)においでやすこが、中条あやみ。

『激レアさん』(テレ朝)は「職歴ゼロの主婦だったけど、39歳で初めて社会に出て、運命に翻弄された結果ドムドムハンバーガーの社長になっちゃった人」。

『有田ジェネレーション』(TBS)は「敏腕マネージャー激推し芸人下克上ネタバトル」。

『さまぁ~ず論』(テレ朝)に三四郎。

『かまいガチ』(テレ朝)は「初の番組公式グッズを作ろう!」。

香取慎吾主演『アノニマス』(テレ東)開始。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太