5GAPインタビュー:一発屋にもなれない「0.5発屋芸人」地獄の大スベリ、番組打ち切り……超苦節の20年

2021.1.20
5GAP

文・編集=佐々木 笑 写真=松木宏祐


2020年9月8日放送の『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)に出演していた「ホワイト赤マン」こと5GAP。かつて『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)などで活躍した、バカバカしさ全開のキャラクターだ。しかしコミカルな外見とは裏腹に、彼らの人生には「生死をさまようレベル」の、とんでもない紆余曲折と困難の日々があったことが番組で語られた。

QJWebでは、『いろはに千鳥』でオンエアされなかった細部に至るまで、ふたりのヒストリーについてインタビュー取材を行った。一発屋にもなれず、しかし腐らず、”感謝”の気持ちを常に抱きながら活動し、千鳥が「なんでこいつら売れてないん!?」と驚愕した、5GAPの20年とは。

5GAP1
(左)久保田賢治(くぼた・けんじ)40歳。ボケ担当
(右)秋本智仁(あきもと・ともひと)44歳。ツッコミ担当

『いろはに千鳥』5GAP特集回を終えて

──5GAPさん特集回(2020年9月8日放送)、本当に素晴らしい回でした。

秋本 最初、何人かいるうちのワンコーナーに出演するかたちだと思っていたんです。ダイアンとか、押見さん(おしみんまる)との並びに入って何かやるのかと思っていたら……僕らの特集!?って。

久保田 「誰が観るんだ、これ(笑)」ってね。

秋本 『いろはに千鳥』って有名な人気番組じゃないですか。もちろん芸人の中でも大評判ですし。ありがたいことに、ディレクターさんや千鳥さんが「おもしろいから、何か一緒にやれたらいいなぁ」みたいなことをずっと言ってくれてたんですけど、この番組って誰がゲストで来るか本当に伏せたままらしいので……。

──本当に「ゲストがわからないまま」なんですね!?

秋本 だからこっちも「出ますよ」って言えないじゃないですか。千鳥さんが「(笑いと涙)全部入れてるじゃん」って仰ってくれてましたけど、全部やらせてくれたのがありがたくて。

──視聴者側からすると、番組なのである程度構想を練られているのかと思っていました。

久保田 本当、行き当たりばったり。僕らは話の流れを用意していますけど、千鳥さんたちは何も知らない。

秋本 用意していることが好きじゃないから。

久保田 その場で対応して、みたいな感じでしたね。

──放送後、まわりの反響はいかがでしたか?

久保田 けっこうありましたね。ひとつ変なことになっていたのが、収録からオンエアまで3カ月ぐらいあったんですよ。でも、ノブさんがSNSで「今日の収録、5GAPめちゃくちゃおもしろかった」みたいなのを上げてくださって、たぶんその影響なのか「よかったらしいですね!」って、オンエア前からお声がけいただいていました(笑)。

秋本 会うたびにいつも撮ってくださるんです。そのおかげもあってか、いい反響しかなかったです。

仲よしグループで“ぼっち”になり、コンビ結成

──5GAP結成までの経緯を教えてください。

秋本 NSCで会いました。久保田が高卒で、僕は社会人……美容師を3年くらいやってから入ってきて。

久保田 ……あの、今抱いてる感情言ってもらって大丈夫ですよ?

秋本 この頭じゃないですよ!? その当時は。

5GAP2
元美容師の秋本(右)の頭は、今はこのようになっている

久保田 授業の合間に飯食べたりするグループが自然にできるんですよね。うちの相方がいたグループは大所帯で、僕は3人の小さなグループで。でも、その3人のうちふたりがコンビ組んじゃって、僕ひとりだけ邪魔者みたいな(笑)。だからそのあと、いろんなグループを転々としていて、そこからなんとなく一緒にいるようになりました。

秋本 お互い同級生とかと入ってきているわけじゃないから、相方いなかったしね。コンビ組む前に授業でいろんなことやるんですけど、とにかく彼はパントマイムがめちゃくちゃうまくて。

久保田 バケツに水を入れてパントマイムする、そういう授業があったんです(笑)。

秋本 授業は3クラスに分かれていて、同期のピースは一番上のクラス。僕たちは一番下のクラスだったんですけど、綾部とかはうちらのクラス大っ嫌いだったと思う。キャッキャ、キャッキャしてる学生ノリで全然ピリついてなくて。でもそのクラス内で仲よくなって、パントマイム観て……。そんなときに、ネタ発表会があるからそれまでにコンビ組まなきゃと。

久保田 お互い相方はいない。でも一緒のグループにはいる。「なんとなくこいつなのかなぁ?」って思っていました。でも、なんて言えばいいんだろう?って。人生で初めてじゃないですか、「コンビ組もう」なんて言うの。確かあれは、溜池山王駅の改札前を歩いているときに「……やるぅ~?」みたいな。

秋本 そんなロマンチックだった? なんかすごくいいふうに言ってますけど、単純にグループから外されて誰も仲いい人がいなくて、誰からもアプローチされてなかったから……(笑)。

久保田 「俺と、笑いの天下取ろうぜ」みたいなことは言えないタイプなんで、「ぃ、ぃ、ぃやるぅ~~?」みたいな。

──フィーリングだとか、言葉では表せない何かがおふたりにはあったんですね。

久保田 そうですね。でも結成後わかったんですけど、お互い“相方の必要条件”として「カッコよくて華がある奴」っていうのがあったんです、その当時は(笑)。

秋本 本当恥ずかしいですね。自分らのことちょっとイケてるって思ってたんですよ。

久保田 でも、養成所の先輩たちからは「めちゃくちゃ華のある、イケメンコンビが結成された」って言われてたっていうのをあとあと聞いて。その先輩たちも「今じゃただのおじさんコンビだな……」って(笑)。

秋本 歴代の宣材写真が一番変わってきたコンビって言われてる。髪の毛あるし、ロンブーの淳(ロンドンブーツ1号2号・田村淳)さんみたいなツンツンの格好で。

5GAP
デビュー当時の宣材写真。(左)久保田賢治(右)秋本智仁 

念願のテレビ初出演で、“一発目の劇団ひとり”にボコボコにされる


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全8枚)


ARTICLE LIST

佐々木 笑さんの関連記事一覧

佐々木 笑さんの
新着・人気記事をお知らせします。