『オドぜひ』で「どうしたらTAIGAさんは売れるのか」をカズレーザーらと考える(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


TAIGAのかわいげが爆発。最後は持ちネタでシメる

『オドぜひ』

「TAIGAナイト」ようやく第3夜にして「どうしたらTAIGAさんは売れるのか」という本題に到達。カッコよ過ぎると言われれば「カッコいいって言われてこんなにうれしくないの初めてだわ」、リアクション芸に挑戦し「怖い」と言われれば「こんなにがんばって怖いって言われたら哀しいよ……」と漏らすTAIGAのかわいげが爆発。

奥さんと長男からのビデオレター。絶対に泣くはずの展開に「かわいいなあ」と呟くも泣かないTAIGAに一同苦笑。「しばらくお待ちください」とテロップのあと、カズレーザーが「泣けよ!」とツッコミ。泣きそうと思って見ていたら泣けなかったとTAIGA。台本を読み込みしっかりシミュレーションをしていたという前半の話を踏まえてカズ「台本に『泣く』って書いてなかったから」。春日「じゃあ、こっち(番組側)のミスだ(笑)」。

TAIGAが「確かに俺がハネるときって予定じゃないときだわ」と言うとたまらず「俺たち言葉丸く言ってましたけど、予定立てるなよ!って」と若林。最後は「ツイストを踊りながら違いを言う」持ちネタで「シミュレーションしてたTAIGAナイト」と「実際の本番」との違いを。「シミュレーション、あんまり意味ない。本番、どうにかなる。シミュレーション、もうしない。本番、またやりたい。フー♪」。

『さまぁ~ず論』

さまぁ~ずは若手時代、マネージャーがコロコロ変わる時期があったという。そのころ、ふたりでお茶を飲んでいる際に三村が「俺がマネージャーだったら売れると思うんだよな、バカルディ」と言っていたそう。「自信はあった」と大竹。

ゲストがハライチ澤部ということでツッコミ論になっていく。「昔の映像見たら俺のツッコミほぼ澤部」と言われた澤部「『いいとも』の本番直前の袖で、俺もそもそも三村さんのツッコミとか意識してたとこがあったんで、その人に言われて、一応俺もなにか確立できてきたのかなって、すごいうれしかったんですよ」と。

ツッコミの勉強として、当然ダウンタウン浜田はよく見ていたが、関西の人はマネできないと感じた三村は「俺が一番近いのは、いかりや長さんかなってずっと思ってた」と言う。「魂のツッコミ。『○○の○○じゃないんだから』じゃない。『うっせぇ!』って言う。結局そこに勝てるもんがなかったりすんだよね。ホントにバカみたいなことやったら、『うっせぇなぁ!』って言うしかない。『なにやってんだよ!』でいい」。

今日観たい番組:第1回のゲストはチョコプラ『ヨーロッパ企画のYou宇宙be』など

『かりそめ天国』(テレ朝)は「チャンカワイが過酷修行3本立てに挑戦!」など。

『ネタパレ』(フジ)1時間SP。平子祐希×パーパー、増田貴久×チェリー大作戦、千原ジュニア×永野など。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)は「コンビニの棚が『しっとり』しすぎ!?今あふれるシズルワード問題」。

『ヨーロッパ企画のYou宇宙be』(フジ)開始。

『金スマ超特別編』(TBS)にユーミン。

『A-Studio+』(TBS)に佐藤浩市。

『アナザースカイII』(日テレ)に木下ほうか。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太