若林はザコシ、平子はアンゴラ「サブ相方」とネタ披露で新しい魅力を引き出す(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


ザコシ「若様すげぇんだよ! 引き出したんだよ、俺が!」。

『しくじり先生』

ABEMAで「お笑い研究部」の完全版を。相方が急に不在になったときのために、「サブ相方」とネタを披露する企画。5組それぞれわずか10分の打ち合わせ時間とは思えないクオリティ。マーベラスというキャラに扮し、ゴー☆ジャスと「宇宙兄弟」を組んだアルピー酒井。ネタ中、緊張からか股間を触っているのをイジられると、実はそれが伏線という秀逸なネタ。アンゴラ村長と組んだ平子は「縄跳び大好き紳士」に。アンゴラは「こんな小さい声でもウケるんだ」と驚き、若林も「本家より好きかも」と絶賛。満足げな平子を見て酒井は「ウケたときの平子さんの表情です(笑)」。

アキラ100%×ノブコブ吉村は当然、清々しいほどの裸芸。ハライチ澤部×納言・安部はまさかの完全オリジナルネタ。若林「これはこれで勇気ある」。

そしてトリは若林×ザコシショウ。「誇張しすぎた春日」に扮するザコシショウと漫才だが、途中から木村拓哉、半沢直樹、ナダルの誇張モノマネをふたりでやる流れに。振り切った若林が素晴らしい。ネタが終わり「すげー!」という声が上がると、ザコシ「だろ? 若様すげぇんだよ! 引き出したんだよ、俺が!」。

『チャンスの時間』

ABEMAで4時間SPを途中まで。「ノブmeetsヤバイ芸能人 初めての漫才グランプ」で、こちらもノブが別の相方と漫才。ふたり目に登場したのは、大悟が「直系のアニキ」と称える原田龍二。自身のスキャンダルを全部使ったボケを繰り広げ、最後のボケは「アパホテル」。すかさずノブが「それは別の人」とツッコむ美しいオチ。これには大悟、立ち上がって一礼。素晴らしかった。

「愛王決定戦」ではいつものようにスピードワゴン小沢が「『性』はりっしんべんに生きると書く。心のままに生きるのが性」だとか、胸が小さいことに悩む女性に「恋は円周率。割り切れない。聞かせてよ、πの2乗(パイの事情)」などと“愛落語”を連発。平子は処女を捨てたいという女性に「処女は捨てるものじゃなくて、捧げるもの。男はゴミ箱じゃないぜ」などと名言炸裂。

『有吉ゼミ』

大食い企画に『有吉の壁』からきつね扮する2.7次元アイドル「KOUGU維新」が。「KOUGU維新を広めるため……」というナレーションに有吉は「きつねを広めろ!」とツッコミ。ちょうどこの日は、マッスル坂井による「まっする3~必殺技大乱発~大公開通し稽古」で、前回(3月)から登場した「必殺技(フィニッシュ)男子」の2.9次元ミュージカルが上演されていた。2.7次元と2.9次元でなんらかのコラボをしてほしいと思ってたら、アジャコングについてのエピソードで「必殺技男子」メンバーでもある勝俣瞬馬の写真が使われるという超微妙なニアミス。

『有田ジェネレーション』

レギュラーと研究生の入れ替えバトル。いつも判定に苦労しなかなか決着がつかいないということで、今回はネタ終わりのコメントなどはなしで、即座に3人の多数決で勝敗を決めることに。SAKURAIvsヒコロヒー、ネルソンズvs蛙亭などの対戦カードがつづく。惜敗した蛙亭はネタ終わり、岩倉が中野を威嚇するような表情。いわく、中野がネタを飛ばしてしまったそう。岩倉「頼む、何ができて、何ができないか教えといてくれ!」。

今日観たい番組:WOWOWで山里亮太ドキュメントなど

『バナナサンドSP』(TBS)に木梨憲武、松本幸四郎、市川猿之助、中村倫也、アンガールズ、ハリウッドザコシショウら。

『プロフェッショナル』(NHK)は「黒柳徹子との10日間」。タモリも出演。

『ロンドンハーツ』(テレ朝)は「格付けしあう売れっ子たち」。

『テレビ千鳥』(テレ朝)は「ノブ記録会」。

『チマタの噺』(テレ東)に銀杏BOYZ・峯田和伸(なお、番組プロデューサーのひとりは元・銀杏BOYZの村井守)。

『石橋、薪を焚べる』(フジ)に佐藤二朗。

『あちこちオードリー』(テレ東)はフワちゃん後編。

福士蒼汰主演『DIVER-特殊潜入班-』(フジ)スタート。

WOWOWで『ノンフィクションW』「山里亮太 ぼくはなぜしゃべりつづけるのか」。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太