有吉が明かす“占い”観「この世で一番嫌い」「自分の人生ですから」(てれびのスキマ)

2020.8.11


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

大吉は「あのころの上岡龍太郎さん」と形容

『有吉反省会』、すべてを占いに頼ってしまうという本仮屋リイナに「この世の中が占いが一番嫌いです」と有吉。「統計学っていうんだけど、統計が怪しいんだよね。どんな連中が統計取ってるのかって。国でさえ統計隠すのにさ。占いやってるようなインチキ連中の統計なんか信じられないだろ」「宇宙はまだ何も解明されてません。誰も宇宙のことはわかってません。世界最先端の科学者たちだって宇宙の謎が解明できてません。占い師ごときに何がわかろうか」と淀みなく占いへのディスの言葉が。

これには大吉が「あのころの上岡龍太郎さんだよ」と的確に形容。有吉「自分の人生ですからね。自分よりしょうもない人間に自分の人生決められたくないです。せめて自分で死にたいです」。

『有吉ぃぃeeeee!』は、前回も盛り上がった『ヒューマン フォール フラット』をプレイ。本当にこのゲームは見ているだけでもおもしろいし、本筋でない部分で遊べるし、この手の番組に最適なゲーム。

『有田ジェネレーション』放送200回の記念回なのに「ミュータントアングラ芸人リモート生態調査」。ゲストはかまいたち濱家。山内がいないことに「ふたりだって聞いてたけど」「あ、濱家くんだけなんだ…」と落胆して濱家をイジる有田と小峠。芸歴21日目のげんしじん事務所所属の「富士額子」(ヒコロヒー)とかプロフィールだけでも可笑しい。そして山内がアングラ化した、SMAの3年目「喧嘩っぱや男」が登場。桐野安生のフォーマットのネタを自分の番が終わったあともやりつづける山内。最後は納言・安部による「挑戦者クスノキ」。結局、今回もネタ披露は「辞退」に。

『JOKE~2022パニック配信!』。「OK!大喜利」と呼びかけるのに笑っていたら『ドッ喜利王』みたいな仕かけになっていっておもしろかった。そして最後のまさかのオチ。

『戦国炒飯TV』で、『フリースタイルダンジョン』パロディの「戦フリースタイル」。大友宗麟vs島津義弘の「耳川の戦い」をラップバトルで再現。「信頼感が統治の基本 ほら気をつけな 部下の謀反」などパンチライン連発。見事なパロディ。

今日観たい番組:「ダゴリの世にも奇妙なホラーハウス」など

『ロンドンハーツ』(テレ朝)は「この仕事NGだってよ!!」後編、「もしもこんな2人を飲ませたら…」で有吉&狩野。

『テレビ千鳥』(テレ朝)は「ダゴリの世にも奇妙なホラーハウス」。

『チマタの噺』(テレ東)にビビる大木。

『マツコの知らない世界』(TBS)はカレー。


50年超えのシリーズを振り返る!『妖怪人間ベム』はいかに怪奇アニメの金字塔になったのか?(PR)
  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ