関根勤が明かした、長嶋茂雄「いわゆる」フレーズの発見(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


大悟「(志村けんは)ただ独りの家に帰りたくないからコントを一生やりたいんですよ」

『マネもの』。レイザーラモンRGの『びっくり日本新記録』のエンディングで流れる女性コーラス、JPの「ど根性ガエル」を歌う石川進、きくりんによる『サラメシ』の中井貴一……と挙げればキリがない「そこ切り取るかね!」という絶品のモノマネが矢継ぎ早に流れていって笑い疲れる。合間に挟まれるコメントでは、その補足情報だけでなく、関根勤が自身のモノマネに関するエピソードを話していたのも興味深かった。「僕もデフォルメしてると思ってたんですよ。でも実際本人に会ったら、本人まで達してなかった」という水森亜土のモノマネ。彼の代名詞のひとつである長嶋茂雄のモノマネはもともと、テレビ東京の番組からのオファーがあってやったものだったそう。そのとき、30%くらいの出来だったのが悔しくて1年かけて完成させた。その決め手になったのが「いわゆる」というフレーズの発見だった、と。

『病院ラジオ』。昨年放送の「子ども病院」編に登場した人たちからの手紙やリモートでつないで「その後」を。今回も終始、泣き笑い。ひたすら寄り添いながらも「ちょっと生意気になったな」などと遠慮なくツッコミを入れるサンドウィッチマンの相手に対する距離感も相変わらず絶妙。「病人」「子供」相手ではなく、常に対人間として接している。言うのは簡単だけど、なかなかできることじゃない。

『志村友達』3時間SP、まだ途中までしか観ていないけど、ずっとおもしろい。中でも大悟と志村の居酒屋コントがアドリブ満載でスゴかった。事前に志村から「最後の『(大悟が連れてきた)おねえちゃんを(志村が)連れて帰る』(というオチの)ところまでなんとなくやるから遊んで」と言われたコントだそう。だが、本番では連れて帰った志村が、すぐに戻ってきてコントをつづけている。そんな志村に大悟「ただ独りの家に帰りたくないからコントを一生やりたいんですよ」。

『かまいガチ』、かまいたちによる相手の相談に名言で答えるという番組。「食レポでボケるべき?」というアインシュタインの悩みに山内「絶対カットするくせにディレクターが『ボケてくれ』って言うてくる」、濱家「『めちゃくちゃにしてください』って言うディレクターほどめちゃくちゃにしたら笑わへん」、山内「もっと言えば、『めちゃくちゃにしてください』って何?」。

今日観たい番組:『アメトーーク!』は「奥さん大好き芸人」

『バリバラ』(Eテレ)は生放送で「SHOW−1グランプリ リモートドリームコラボ」。

『アメトーーク!』(テレ朝)はサンドウィッチマン富澤、ナイツ土屋、ロバート山本、パンサー尾形、ジャングルポケット太田、ミルクボーイ駒場で「奥さん大好き芸人」。

『勇者ああああ』(テレ東)はモグライダーともしげ、ティモンディ高岸、エイトブリッジ別府、園山真希絵による「爆弾解体大作戦 ザ・ジーニアス!」。見届け人としてオズワルドも。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太