工藤遥「高難易度の自撮り」に挑戦【QJカメラ部】

文・撮影=工藤 遥 編集=高橋千里


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストや俳優・声優による連載「QJカメラ部」。

木曜日は、2018年から俳優活動をスタートし、数々の映画やドラマなどに出演する工藤遥が担当。

フィルムカメラを相棒とし、日々の何気ない風景を撮り溜めている。そんな彼女が、日常の中で、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


難易度が高い

作品のクランクインや舞台挨拶、
機会の少ない、雑誌のビューティ企画など。

プロの手によって
アップグレードされた自分を、
鏡の中に見つけたとき、
ついついシャッターを切っていたりする。

現像して、そんな写真が出てくると、
それなりに恥ずかしかったりする。

撮影=工藤遥
撮影=工藤遥
撮影=工藤遥
撮影=工藤遥

見てもらえばわかるように、
鏡の中を捉えるのは、なかなかに難しい。

部屋が暗いとフラッシュがいるし、
ファインダーをのぞけば顔が隠れる。
顔も写そうとすると、ピントが合ってない。

で、撮ったことに満足して、
忘れたころにばったり会っちゃって、
めちゃくちゃ恥ずかしい思いをする。

……じゃあ、やめればいいのにねぇ。

そんなことを思いながら、
今日もドラマの撮影現場に
真新しいフィルムを入れて持っていくのです。

先日より放送が始まった
出演させていただいてるドラマでも、
とある場面で勢い任せに
シャッターを切るシーンがあります。

よかったら探してください。
(ちゃっかり告知、失礼します。あは)

【連載】QJカメラ部

NAOYA(ONE N’ ONLY)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ工藤遥森田美勇人南條愛乃が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。


この記事の画像(全15枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

工藤 遥

(くどう・はるか)1999年10月27日生まれ、埼玉県出身。2018年より俳優活動をスタートし、2020年に映画『のぼる小寺さん』にて主演・小寺を演じる。映画『逃げきれた夢』、『君は放課後インソムニア』、ドラマ『ダブル』(WOWOW)、『around1/4 アラウンドクォーター』(ABC)など、さま..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。