『キングオブコント』で3冠目指すマヂラブ野田「出るって言え」一番マークするライバルは?

編集=QJWeb編集部


コント日本一を決める『キングオブコント』の2021年度大会のエントリーがスタート。出場を表明した人気お笑い芸人たちが、意気込みを述べている。


ルール変更で即席ユニットでの参加が可能に

『キングオブコント』は2008年にスタートした、コント日本一を決めるお笑いコンテスト。これまで東京03、ロバート、バイきんぐ、シソンヌ、かまいたち、ハナコなどが優勝して、売れっ子芸人となるきっかけを掴んできた。今大会の大きな変化は、即席ユニットでの参加が認められるようになったことだ。これによりピン芸人同士のコンビやトリオ、ユニット同士の合体でも出場可能となった。

今大会で最も注目が集まるコンビのひとつが、『R-1ぐらんぷり2020』と『M-1グランプリ2020』を制し、お笑いのグランドスラム3冠を目指すマヂカルラブリー野田だ。野田は、

「そもそも僕はTBS出身みたいなもので、『学校へ行こう!』の“お笑いインターハイ”で優勝していますから既に3冠です。これで4冠です。M-1ではコントをやらせていただきましたので、キングオブコントでは漫才をやろうかなと(笑)。欲しいです!この冠が」

と述べ、ライバルについては、

「まだ参加表明していないですけれど、同じ2冠を獲っている霜降り明星。なんか、最近コントも劇場でかけてるみたいで、キングオブコントに出るか聞いたら粗品がはぐらかすんですよ。出るって言え~!」

と、火花を散らした。また、昨年の『M-1グランプリ2020』で、ピン芸人同士のユニットとして大会史上初めて決勝に進出した「おいでやすこが」も参戦を表明。おいでやす小田は、

「そもそも、僕はゆりやんと組んで、毎年キングオブコントに無理やり出ようとしていたんですよ。でも、即席ユニットはダメって結構厳しく断られるから、もうアホなふりしてエントリー用紙書いて出したんですよ。そしたら、バツされて返ってきました。昔はホントにめちゃめちゃ厳しかった。だからこそ、今回のルール改正で出られるのはめちゃくちゃうれしいです」

と、喜びを語った。『キングオブコント』のエントリー期間は5月14日(金)~6月30日(水)。1回戦は6月17日(木)よりスタートする。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太