フワちゃん流!ハッピーを作る4つの方法

2020.3.4
フワちゃん

文=野坂 瞳 撮影=南 阿沙美


いつもボジティブなフワちゃんは、日頃どんなことに幸せを感じて過ごしているんだろう? 彼女の前向きな姿勢を見習ってごきげんな毎日を送るため、『クイック・ジャパン』vol.148(2月26日発売)に掲載されたインタビューから、フワちゃん流の「幸せ論」を公開!


1:「プチハッピー」と「デカハッピー」

あたし的に、ハッピーにはふたつ種類があるの。たとえば、芸能界でドカーンと売れるのは「デカハッピー」ね。ほかにも、夢や野望が叶ったり、宝くじが大当たりしたり、イケメンと結婚したり! 人生規模の大きな幸せだよね。

そしてもうひとつは、普段の生活にあふれてる「プチハッピー」。外に出たら晴れた! ラスイチが買えた! 電車で座れた! ウチらはついついデカハッピーでばかり幸せを測りがちだけど、プチハッピーだって案外超大切!

あたしは2019年「売れる」というデカハッピーを掴めて最高だったけど、それまでの人生は不幸だったのかっていうと、全然! すごく豪華な出来事はなくても、毎日のプチハッピーを大切にしてたから、今までの人生ずっと楽しいよ! みんなで日常に潜むハッピーを、根こそぎ掴みにいこ!

2:晴れてる日のプチハッピー 幸せの製造方法

晴れてる日ってテンション上がるよね。朝起きて窓の向こうが晴れてるとさ、「ウッワー晴れてるぅ! 最高! いつまで寝てんだあたし! 洗濯物回せ回せ〜〜!」って一気にやる気に満ちあふれるの。マジ太陽神!

で、ここからがいい話。今までは外が晴れてても、ただラッキーって思ってただけなんだけどね、最近すごいことに気づいたの。タイとかセブ島とか南の国に行くと、たいてい毎日晴れてんの!! つまり、自分の時間とお金を使って、「いい天気」っていうプチハッピーを「製造できる」ってこと!! 最高だよね! ハッピーは待つだけじゃなくて、自分で掴みに行ってもおけ!


3:信号のプチハッピーラッキーの理由

あたしはいつも原付で移動してるんだけど、家のまわりの交差点で信号に全然引っかからなかったら超ラッキー。でもそれも、ある日法則があることに気づいたの。「10時45分」ぴっっったりに家を出ると、ずーっと青信号で進めちゃうんだ〜! それより早くてもダメ、遅くてもダメ!

これまではずっと青信号ラッキーって思ってるだけだったけど、実はちゃんと法則があったってワケ。みんなも日常でラッキーなことがあったら、なんでラッキーだったのか分析して、何度でもラッキーになっちゃお!

4:今日からできるプチハッピー「声に出す」

友だちと遊んでて、楽しいな、またこのメンツで遊ぼうね、って思ったら「楽しいな、またこのメンツで遊ぼうね」って声に出して言うようにしてる!

自分が口に出すと幸せな気持ちになって、友だちもそんなこと言われたらハッピーになって、いいこと尽くしだよ! いい気分のときはどんどん声に出して「最高!」って言っちゃお! そしたらあたしもまわりも全員ハッピー!


『Quick Japan』vol.148では、このほかにも「自分らしく過ごすための必須アイテム」や撮り下ろしグラビアなど、表紙も飾っているフワちゃんの魅力が満載です。

『QJ』148 フワちゃん特集トビラ
『クイック・ジャパン』vol.148 フワちゃん特集グラビアページ

『Quick Japan』vol.148 収録内容

■第1特集
フワちゃん LOVE YOUR STYLE,TRUST YOURSELF!!

▼グラビア(南阿沙美=撮影)いつどこで誰といても私は私です
▼フワちゃんに「自分らしく過ごすための必須アイテム」を聞きました!
▼インタビュー「自分らしく日々を生きるためのフワ流テクニック」(立会人・白武ときお)
▼おまけ:フワちゃん流ハッピーの作り方/この特集ができるまで/フワちゃん雑誌初表紙記念プレゼント4種大放出!

■第2特集
『映像研には手を出すな!』最強の世界は自分たちでつくるのだ!!!

▼大童澄瞳書き下ろしイラスト
▼スタッフインタビュー1「リアル映像研の人たち」大童澄瞳(原作)/鶴岡慎也(プロデューサー)/浅野直之(キャラクターデザイン)
▼スタッフインタビュー2「『映像研』を彩る最強の仲間たち」伊藤沙莉(CV)/chelmico(OP曲)/上野裕平(映像化プロデューサー)

■SPECIAL 1
『QJWeb』スタート記念!!「お笑い2020」
▼ミルクボーイ「世の中が変わった。僕らはなにも変わってない」
▼ぺこぱ「裏切って裏切ってすべて受け入れる」

■SPECIAL 2
i☆Ris グループの歴史を振り返るリレーインタビュー「6人それぞれの努力と感謝」


この記事が掲載されているカテゴリ


  • フワちゃん特集『QJ』vol.148

    『Quick Japan』vol.148

    定価:1,100 円(税別)
    サイズ:A5/192 ページ
    発売日:2月26日(水)より順次発売

    関連リンク


QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太