トリプルファイヤー吉田、『散歩の達人』の連載が書籍化。ライムスター宇多丸「“吉田文学”の真骨頂」

2021.10.21

文・編集=QJWeb編集部


QJWebで「クイック・ジャーナル」を不定期連載中のトリプルファイヤー吉田靖直による新著『ここに来るまで忘れてた。』が、2021年10月28日(木)に発売される。

【関連】“人生がガラッと変わることなどない”初めての著書『持ってこなかった男』が刊行されてわかったこと


ひとつの街をテーマに思い出を綴る

トリプルファイヤー吉田靖直

本作は、吉田が『散歩の達人』で連載中の「ここに来るまで忘れてた。」2018年7月号から2021年9月号までの掲載分に大幅加筆修正を施し、新たなエピソードも書き下ろして加えたもの。 毎回ひとつの街をテーマに、吉田が自身の思い出を綴る。

友を失い、恋が残った(渋谷)、スターロードに行きつけが欲しかった(阿佐ヶ谷)、夜行バスが爆発しそうだった(名古屋)、合コンのハシゴで背筋が凍った(五反田)など全37話を収録。

本作についてライムスターの宇多丸は「ヒヤヒヤするほどの身もフタもなさが、いつしか詩情の域に突き抜ける、「吉田文学」の真骨頂! こんな風に世界を見ている人物と直接お会いするときは、だからいつもちょっとだけ、緊張する」と、コメントを寄せた。

さらに『散歩の達人』2021年11月号では、単行本発刊記念として作家・爪切男と吉田による特別対談が掲載される。


この記事の画像(全3枚)



  • 『ここに来るまで忘れてた。』

    著者名:吉田靖直
    発売元:交通新聞社
    定価:1,650円(税込)
    発売日:2021年10月28日(木)

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太