トリプルファイヤー吉田、『散歩の達人』の連載が書籍化。ライムスター宇多丸「“吉田文学”の真骨頂」

2021.10.21

文・編集=QJWeb編集部


QJWebで「クイック・ジャーナル」を不定期連載中のトリプルファイヤー吉田靖直による新著『ここに来るまで忘れてた。』が、2021年10月28日(木)に発売される。

【関連】“人生がガラッと変わることなどない”初めての著書『持ってこなかった男』が刊行されてわかったこと

ひとつの街をテーマに思い出を綴る

トリプルファイヤー吉田靖直

本作は、吉田が『散歩の達人』で連載中の「ここに来るまで忘れてた。」2018年7月号から2021年9月号までの掲載分に大幅加筆修正を施し、新たなエピソードも書き下ろして加えたもの。 毎回ひとつの街をテーマに、吉田が自身の思い出を綴る。

友を失い、恋が残った(渋谷)、スターロードに行きつけが欲しかった(阿佐ヶ谷)、夜行バスが爆発しそうだった(名古屋)、合コンのハシゴで背筋が凍った(五反田)など全37話を収録。

本作についてライムスターの宇多丸は「ヒヤヒヤするほどの身もフタもなさが、いつしか詩情の域に突き抜ける、「吉田文学」の真骨頂! こんな風に世界を見ている人物と直接お会いするときは、だからいつもちょっとだけ、緊張する」と、コメントを寄せた。

さらに『散歩の達人』2021年11月号では、単行本発刊記念として作家・爪切男と吉田による特別対談が掲載される。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全3枚)


  • 『ここに来るまで忘れてた。』

    著者名:吉田靖直
    発売元:交通新聞社
    定価:1,650円(税込)
    発売日:2021年10月28日(木)

    関連リンク


Written by

QJWeb編集部

ARTICLE LIST

QJWeb編集部さんの関連記事一覧

QJWeb編集部さんの
新着・人気記事をお知らせします。