明石家さんまの伝説作『男女7人夏物語』がParaviで初配信 携帯電話のない時代の恋愛模様とは

2021.7.30

画像(C)テレパック/TBS
文・編集=QJWeb編集部


明石家さんまと大竹しのぶが共演した1986年放送のドラマ『男女7人夏物語』(TBS)が、動画配信サービス『Paravi』で配信されることが決定。8月2日(月)から配信がスタートする。


最高視聴率は31.7%、主題歌「CHA-CHA-CHA」も大ヒット

『男女7人夏物語』は、主演の明石家さんまのほか、大竹しのぶ、片岡鶴太郎、奥田瑛二、池上季実子、小川みどり、賀来千香子の男女7人が恋愛模様を繰り広げる連続ドラマ。男性3人は大学の同級生で現在はサラリーマン、女性4人は自動車メーカーのイメージガールの同期生という設定で、結婚適齢期でありながら未だに青春の名残を捨て切れない男女7人を描いている。

明石家さんまと大竹しのぶによる漫才のようなかけ合いや、当時はお笑い芸人として活躍していた片岡鶴太郎のシリアスな演技などが話題となり、最高視聴率は31.7%を記録。石井明美が歌う主題歌「CHA-CHA-CHA」も大ヒットした。続編の『男女7人秋物語』も大ヒットとなり、同作放送後にさんまと大竹は結婚。「夏物語」は、このあとに大ブームとなったトレンディドラマの元祖とも言われている。

今回の配信は、多くのリクエストに応えて実現したもので、待望の初配信となる。ドラマが放送された35年前は携帯電話がなく、都会に住む男女がどのように連絡を取り合い、どんな恋愛をしていたのかという点も見どころのひとつ。当時を懐かしむだけでなく、現代の恋愛模様との差もチェックポイントになりそうだ。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太