マヂラブ野田のNintendo Switchゲームが販売開始1週間で5万本突破 2タイトル追加へ

2021.5.8

編集=QJWeb編集部


お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタルが手がけたNintendo Switchのゲーム『スーパー野田ゲーPARTY』が、4月29日の販売開始から1週間で販売本数5万本を突破。2タイトルのゲーム追加が発表された。

『漫才王』と『人面ニャ』の2タイトルを新たに発表

昨年の『M-1グランプリ』と『R-1ぐらんぷり』で二冠を果たし、一気に売れっ子芸人の仲間入りを果たした野田クリスタル。『スーパー野田ゲーPARTY』は、オリジナルゲームの自作を趣味とし、『R-1ぐらんぷり2020』でも「自作ゲームの実況」というネタを披露して優勝をさらった野田が、クラウドファンディングで開発資金を募集して制作したものだ。

収録されているゲームは、お笑いトリオ「ジャングルポケット」のおたけが、持ちネタのフレーズである「さいこっちょー(最高)」「さいてっちょー(最低)」のどちらを繰り出すか、二択形式で当てつづけていく『おたけ さいこっちょーゲーム』、ピン芸人のデッカチャンを操作して、玉に当たらないように避けつづける『スーパーブロックくずして』ほか、独創的なものばかり。ゲームアプリや広告・WEBサイト制作で知られる面白法人カヤックと手を組んで開発された。

今後のアップデートで追加されるのは、「ボケ」「ツッコミ」のキャラクターを角度を決めて飛ばす『漫才王』と、帰省中の主人公が、謎の癒やしキャラ「人面ニャ」のいる居心地のいい実家からの脱出を目指す『人面ニャ』の2タイトル。今後もアップデートやイベントなどを行っていく予定だという。

野田は、5万本突破について、

「購入していただいた方々、広めていただいた方々ありがとうございます!無事5万ダウンロード突破しました!ただのネタゲーなんじゃないかと思われてあまり売れないかもと心配でしたが、早い段階で実は『笑って盛り上がって夢中になれるスーパークソゲーパーティー』だということをわかってもらえて、たくさんの方に買っていただけました!さらにこのゲームの面白さを世に広め、次は10万ダウンロード目指します!もうしばらくお付き合いください!」

と、コメント。さらに現在、バグを見つけてツイッターのDMを送ると抽選でプレゼントが当たるキャンペーンも開催されている。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全1枚)


WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ