北村匠海主演『明け方の若者たち』に黒島結菜と井上祐貴が出演 20代の青春描く

2021.4.23

北村匠海主演の映画『明け方の若者たち』に、黒島結菜と井上祐貴が出演することが決定。人生のマジックアワーを描いた20代の青春ストーリーを3人が演じる。


「こんなハズじゃなかった人生」に打ちのめされていく20代を描く

『明け方の若者たち』は、ツイッターの“妄想ツイート”が話題となり、14万人以上のフォロワーを持つWEBライター・カツセマサヒコのデビュー作。退屈な飲み会で出会った「彼女」に一瞬で恋をし、世界が「彼女」で満たされる一方で、社会人になった「僕」は“こんなハズじゃなかった人生”に打ちのめされていく──そんな20代の葛藤を描いた物語だ。

黒島が演じるのは、飲み会で「僕」がひと目ぼれする「彼女」。周防正行監督の『カツベン!』(2019年)で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、2022年放送開始予定のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインを務めることが発表されたばかりの黒島が、恋と仕事、そして秘密をまとった「彼女」を演じる。

一方、井上が演じるのは、新入社員の「僕」の同期で、のちに親友となる「尚人」。『ウルトラマンタイガ』(2019年)で主演を務めた井上が演じる尚人は、高いポテンシャルと意識を持つものの、希望とはほど遠い部署に配属されてしまう人物で、彼と同じように現実と理想のギャップに悩む「僕」を近くで支える。このほか、高橋ひとみ、濱田マリ、佐津川愛美、山中崇、菅原健、楽駆らの出演も発表された。

出演にあたり、黒島と井上は、

「台詞を言葉にするのがとても難しくてわからないことだらけでしたが、今のわたしにできる精一杯ができたと思います。
北村くんとは3回目の共演だったので、安心して現場で過ごすことができ、井上くんは初めてなのに初めてじゃないような不思議な人でとても楽しくお芝居ができました。
松本監督の演出は常に新しくて、ニヤッとしてしまうくらい面白かったです。撮影が終わって少し経ちますが、今思い出すとすごく純粋で美しい時間でした。誠実で一生懸命なこの物語を多くの方に見て感じていただけると嬉しいです」(黒島)

「脚本を読んだ時、同世代の登場人物に共感して、とても楽しく読み進めました。
撮影合間の北村くんや黒島さんとの他愛もない会話も、まるで劇中の1シーンに感じる様な現場で、撮影中はそんな感覚で過ごしていました。
僕が演じさせて頂いた古賀尚人は、カッコよくてなんでもこなせる。でもその裏には努力やプライドがあるんだろうなと演じながら感じました。僕自身尚人からたくさん刺激を受けたこの作品。今は完成が楽しみです」(井上)

と、コメント。2022年の正月に公開予定。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太