カルト的人気のZ級サメパニック映画『シャークネード』シリーズ6作 GWにBS12で一挙放送

2021.4.13

カルト的な人気を誇るZ級サメパニック映画『シャークネード』シリーズ6作品が、ゴールデンウィークにBS12トゥエルビで放送される。


アメリカではテレビ放送時にツイッターの全米トレンドで1位に

『シャークネード』シリーズは、巨大トルネードが大量の狂暴サメを巻き込み、空から人類を襲うパニック映画。「シャークネード」は「シャーク(サメ)」と「トルネード(竜巻)」を合わせた造語で、2013年に第1作が制作され、その後6作目まで制作されている。SNSでは定期的に話題となる同シリーズは、本国アメリカではテレビ放送時にツイッターの全米トレンドで1位になり、レディー・ガガもツイッターでつぶやくなど、社会現象とでもいうべき人気に。今回は、無料チャンネルでは初となるシリーズ一挙放送となる。

そのストーリーは、まさに「奇想天外」「荒唐無稽」という単語が相応しい内容だ。たとえばシリーズ1作目『シャークネード』のストーリーは、

〈太陽が照りつけるカリフォルニアのビーチは、いつもの賑わいを見せていた。一方、史上稀に見るハリケーン“デビッド”がメキシコ沖から急速北上。急激な海流の変化で、突如としてサメの大群がビーチに現れる。サーファーのフィン(主人公)は、サメの出現にいち早く気づき人々を避難させるが、荒波と共に追って来るサメの猛威は凄まじく、ビーチは地獄絵図と化す。だが、その恐怖はまだ始まりに過ぎなかった。大量のサメを巻き込んだ3本の巨大竜巻が発生。ロスの都市部にもサメの脅威が襲い掛かる〉(BS12の公式サイトより)

といった具合。2作目以降も、

「航空便に、突如乱気流が襲い掛かる。突風と共に機体にぶち当たった物体は、獰猛なサメであった」
「シャークネードが、首都ワシントンに襲い掛かる。ホワイトハウスは崩落し、ワシントンは壊滅。その猛威はさらに増し…」
「起こるはずのない竜巻がラスベガスの中心で発生し…」
「ロンドンへと向かったシャークネードは人々を襲い…」
「原始時代へと漂着したフィンは、元祖シャークネードと対峙するが、凶暴な恐竜にも襲われ…」

と、場所や時空を選ばず、人々を恐怖の底へ突き落としてきた。

今回放送されるのは、『シャークネード』(4月29日)、『シャークネード カテゴリー2』(5月1日)、『シャークネード エクストリーム・ミッション』(5月2日)、『シャークネード4』(5月4日)、『シャークネード 5 ワールド・タイフーン』(5月5日)、『シャークネード 6 ラスト・チェーンソー』(5月6日)の全6作。4月29日には、主人公フィン役の吹き替え担当の堀内賢雄、3作目より登場のルーカス役の三上哲による特別トーク番組もYouTubeで生配信される。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太