『キングオブコント』がルール変更 「即席ユニットOK」でピン芸人も出場の道

2021.3.12

コント日本一を決める大会『キングオブコント』の2021年大会の開催が決定。これまで変更されたことがなかった応募資格が一部改定された。

プロ芸人の即席ユニットでの出場を解禁

2008年にスタートした『キングオブコント』(TBS)は、お笑い芸人たちがコントを披露し、優勝賞金1000万を目指すコンテスト。今回で14回目となる同大会では、これまでバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたち、ハナコ、どぶろっく、ジャルジャルが優勝を飾っており、売れっ子芸人への切符を掴む登竜門として、毎回1000組以上の出場者たちがエントリーしている。

今大会の注目ポイントは応募資格が改定されたことだ。これまで『キングオブコント』では、芸能事務所に所属する芸人については、即席ユニットでの出場はNG(アマチュアや劇団員などの即席ユニットは出場可)で、活動中のユニットのみ出場することができたが、今大会からプロ芸人の即席ユニットでの出場を解禁。これによりピン芸人同士のコンビやトリオ、ユニット同士の合体でも出場可能となる。

昨年末に開催された『M-1グランプリ2020』では、即席コンビの「おいでやすこが」が決勝に進出し、大きな話題をさらったばかり。『キングオブコント』でも同様に、即席コンビが活躍するかが新たな見どころとなる。


この記事が掲載されているカテゴリ

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ