それでもつづく毎日を楽しくする! パリッコ/スズキナオ『のみタイム 1杯目 家飲みを楽しむ100のアイデア』発売

2020.8.5


こんな状況でも、楽しい酒の飲み方はあるはず

若手飲酒シーンを牽引する人気ライターのパリッコ(『酒場っ子』他)とスズキナオ(『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』他)が編集、執筆を務める飲酒と生活の本『のみタイム』が始まります。

第1弾『のみタイム 1杯目 家飲みを楽しむ100のアイデア』は、「こんな状況でも、楽しい酒の飲み方はあるはず」という信念のもと、それでも続く毎日を楽しくする「使える」アイデアが満載です!

豪華執筆陣は、ラズウェル細木(『酒のほそ道』)、夢眠ねむ(「夢眠書店」)、清野とおる(『東京都北区赤羽』)、今野亜美(「スナック亜美」)、平民金子(『ごろごろ、神戸』)、香山哲(『ベルリンうわの空』)、イーピャオ(『とんかつDJアゲ太郎』)、METEOR(ラッパー)他。

パリッコ/スズキナオ『のみタイム 1杯目 家飲みを楽しむ100のアイデア』

2020年8月5日発売
発行:スタンド・ブックス
定価:1500円(税別)
A5判変型並製132頁
ISBN978-4-909048-09-7 C0095
カバーイラスト:石山さやか ロゴ:スケラッコ デザイン:戸塚泰雄(nu)

【収録内容】

「家飲みを楽しむ100のアイデア」
001 人気のお取り寄せで飲んでみる 002 「オンライン同窓会」をしながら飲んでみる 003 家の備蓄庫から発掘したつまみで飲んでみる 004 普段飲まない酒を飲む 005 こんな時だからこそ、チェアリングしながら飲む 006 家だがピクニックする 007 ポップコーンを作って映画館気分で飲む 008 友達の話を心ゆくまでじっくり聞く 009 インスタントコーヒー焼酎を飲む 010 好きな酒場メニューを再現して飲む 011 家にいながらにして二郎系ラーメンを食べて飲む 012 友人が決めたつまみを作って飲む 013 「コーン味」で飲んでみる 014 大きな魚を買ってきて数日分のつまみを仕込む 015 アイデアレシピを開発してみる 016 近所の店のテイクアウトで飲んでみる 017 普段行かないスーパーに新鮮味を求めてみる 018 ココナッツの香りの力を借りて、海辺にいると思い込みながら飲む 019 地元商店街の惣菜で飲む 020 特定銘柄をひたすら飲む 021 初めて買ったCDを聴き合って飲む 022 同じつまみを用意して同時に食べながら飲んでみる 023 パリピの酒を飲んでみる 024 失敗したつまみで飲む 025 聞いたこともない酢でサワーを作る 026 簡単もやしレシピで飲む 027 『どうぶつの森』の中で飲み会をする 028 キッチンで立って飲む 029 小さな香港で飲む 030 レゴで飲む 031 雑草を摘まんでつまみにして飲む 032 自分だけの「ひとりオンライン飲み会」をしてみる 033 慎重を期して外で飲み、家飲みの安心を実感する 034 『志村けんのだいじょぶだぁ』を観ながら飲む 035 ノンアルコールビールに焼酎を足して飲む 036 シメの釜めしを用意しつつ飲む 037 見たことも聞いたこともない食材のフルコースで飲む 038 懐かしのファミコンソフトをクリアするつもりで飲む 039 マティーニを作る 040 酒屋でいちばん高いビールを飲んでみる 041 謎の韓国土産を想像で作って飲んだ 042 新幹線に乗ってるつもり飲み 043 薬湯にたっぷりつかったあと、風呂上がりの一杯を飲んでみる 044 離島の図鑑『シマダス』を読みながら飲む 045 ひとりで塊肉を焼いて飲む 046 5、6個コレクションを見せ合って飲む 047 皿洗いで飲む 048 リレー小説を書きながら飲む 049 エクレアをつまみにグリーンラベルを飲む 050 温泉水で割って飲む 051 谷口菜津子さんの考えた「お恥まみ」を味わいながら飲む 052 街で集めた飲み屋の「自称」たちを眺める 053 VRの焚き火を見ながら飲む 054 ラーメンスープを作りながら飲む 055 外でラーメンを食べながら飲む 056 「牛もつ煮込み」を作ってみる 057 手品を見せてもらいながら飲む 058 しいたけの命を奪って飲む 059 ストーンプレートに盛りつける 060 純粋に「酔い」と向き合ってみる 061 いろんな器で飲んでみる 062 IQテストを受けながら飲む 063 「概念お絵かきしりとり」で飲む 064 「いちばん高級なメニュー」で飲む 065 みりんを割って飲む 066 オンラインのボードゲームで遊びながら飲む 067 果物を使って作った酒を飲む 068 家飲みを野良飲みに近づける「ベランダ芝リング」069 楽器を持ち寄って即興セッションをしながら飲む 070 折り紙で飲む 071 家飲み向上グッズあれこれ 072 替え歌を考えながら飲む 073 「おつまみは300円以内で」と決めて飲んでみる 074 はじめてのオンラインカラオケ飲み 075 懐かしい酒を飲んでみる 076 日記を書きながら飲む 077 虚無のつまみで飲む 078 家庭菜園の初歩の初歩で飲む 079 コンビニかけ合わせグルメで飲む 080 知らない人の歌を聴いてスナック気分で飲む 081 渡し船に乗って旅気分で飲む 082 好きな「缶チューハイ」と「コンビニおつまみ」 083 田舎に帰った気分で飲む 084 あの日の給食メニューで飲む 085 「バカレシピ」で飲む 086 水を酒だと思って飲む 087 Googleストリートビューで疑似旅行をしながら飲む 088 アメリカにいる友人と飲む 089 虹を見ながら飲む 090 黒と白のビールを割りながら飲む 091 豆腐を心の底から味わって飲む 092 「あの頃はよかった」と感傷的に飲む 093 同じ一日を振り返りつつ飲む 094 松ぼっくりを眺めながら飲んでみる 095 赤ちゃんをあやしながら飲む 096 天啓を受けてアレしたチーズで飲む 097 「気をつかわないで済む」を楽しむ 098 「冷蔵庫の中からムービー」を撮り合って飲む 099 今日はあえて飲まないでみる 100 それぞれの「酒の裏技」

ラズウェル細木「酒場の隅隅」唐辛子&山椒の容器 

ラズウェル細木

夢眠ねむ「夢眠ねむのミニ缶日和」最近ハマっている「チメク」で飲もう! 

夢眠ねむ

清野とおる「『アレ』でコロナに勝った(気がした)話」

清野とおる

今野亜美「これ飲んだら本気出す。」最強のテイクアウト飲み。豚の珍味で一杯。 

今野亜美

香山哲「将来の集落」その6割は水 

平民金子「東出町の魯山人 平民金子味道」「サッ」と「ポロ一番」 

イーピャオ「豆記事アソートパック」

メテオ「僕の腸」

パリッコ

1978年東京生まれ。酒場ライター、漫画家/イラストレーター、DJ/トラックメイカー、他。酒好きが高じ、2000年代後半よりお酒と酒場に関する記事の執筆を始める。著書に『酒場っ子』(スタンド・ブックス)『つつまし酒 懐と心にやさしい46の飲み方』(光文社新書)『ほろ酔い!物産館ツアーズ』(ヤングキングコミックス)『晩酌百景 11人の個性派たちが語った酒とつまみと人生』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、スズキナオ氏との共著に『酒の穴』(シカク出版)『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』(ele-king books)『“よむ”お酒』(イースト・プレス)など。

スズキナオ

1979年東京生まれ、大阪在住のフリーライター。WEBサイト『デイリーポータルZ』『メシ通』などを中心に執筆中。テクノバンド「チミドロ」のメンバーで、大阪・西九条のミニコミ書店「シカク」の広報担当も務める。著書に『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』(スタンド・ブックス)、パリッコとの共著に『酒の穴』(シカク出版)、『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』(ele-king books)、『“よむ”お酒』(イースト・プレス)がある。近刊に『酒ともやしと横になる私』(シカク出版)、『関西酒場のろのろ日記』(ele-king books)を予定している。

『のみタイム』刊行記念イベント 家飲みを、もっともっと楽しくしたい! スズキナオ×パリッコ×いか文庫の「のみタイム」実践編 in エア本屋 開催

居酒屋やスナックなど、お店での飲み会がなかなかできない今日この頃……自宅で飲むのも楽しいけれど、そろそろ家飲みに飽きてきた、という人も多いのではないでしょうか? 

「家飲み」「Zoom飲み」「チェアリング」などを早々に実践し、さまざまな方法で家飲みの楽しみ方を模索してきたのが、若手飲酒シーンを牽引するパリッコさんとスズキナオさん。今回はオンラインイベント(飲み会?)として、ゲストとお客さまの家々をインターネット回線でつなぎます。

司会には、おふたりの共著『“よむ”お酒』を読んでカニカマの進化に驚愕し、いかがますます愛しくなったと語るエア本屋「いか文庫」の店主・粕川ゆきさんをお迎えし、3人が酒にまつわる疑問や悩み、そして希望について語り合います。

アイデアと工夫で、家飲みはもっと楽しめるはず。一緒に家飲みの“のびしろ”を発見しましょう!

日時:2020年8月7日(金)20:00〜21:30
会場: オンライン(Zoom)
つまみコード:いか
お申し込み:こちらからWEBチケットをご購入いただけます(イベント管理サービス・Peatixのページに移動します)。
参加方法:お申し込み後、Peatixページの「視聴」ボタン内に掲載されるURLよりご覧ください。
(当日14:00までにお申し込みの方には、Peatixメッセージよりご案内をお送りします)
その他:申し込みフォームにて皆さまからご質問を受け付けております。
注意事項:お客様都合によるお申込み後の返金はお受けしておりません。
書籍の配送はイベント後の発送となります。あらかじめご了承ください。 


50年超えのシリーズを振り返る!『妖怪人間ベム』はいかに怪奇アニメの金字塔になったのか?(PR)

この記事の画像(全7枚)



WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ