『やついフェス』が無料オンライン開催!年齢・性別不問の「キャンペーンガール」も募集中

70

やついフェス

編集=田島太陽


お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうが主催する音楽とお笑いのエンタテインメントフェス『YATSUI FESTIVAL! 2020』が、視聴無料のオンラインフェス『ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020』として開催することが正式発表された。開催日は6月20日(土)6月21日(日)の2日間。

オンラインやついフェス
「ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020」ロゴ

当初、渋谷のライブハウス等での開催を予定していた『やついフェス』。各会場キャンセル費・広告費・チケット配券・払い戻し手数料などで700万円以上の負債を抱えており、その赤字を補填するためのクラウドファンディングもスタートした。

年齢、性別、プロ、アマ不問で募集している「公式キャンペーンガール」には、審査員として『QJWeb』も参加。「QJWeb賞」を設立し、受賞者には本人の特性や希望に合わせた連載企画等をスタートする。

フェスの見どころ(1)あらゆる配信プラットフォームで楽しめる

やついフェスで使用予定だった会場を利用して、無観客配信での生ライブを複数チャンネルでお届けする予定。さらに、有志のアーティストがそれぞれ持つプラットフォーム・チャンネルも活用し、LINE LIVE、ニコニコ生放送、YouTube等、配信サービスをまたいだ壮大なオンラインサーキットフェスに。

フェスの見どころ(2)全国のライブハウス・アーティストとつながる

全国で困っているライブハウスやアーティストをつなぎ、発信してもらい、全国からやついフェスに参加してもらうことで、少しでも楽しい時間が作れるよう、鋭意準備中。

フェスの見どころ(3)全国の飲食店・生産家とフェス飯コラボ!

毎年、渋谷会場の近隣の飲食店とコラボし、特別サービスやスペシャルメニューを提供してきたやついフェス。今年はオンライン化に伴い、全国の飲食店・生産家とタッグを組み、開催当日やその前後に、フェス飯のテイクアウトが行える。

フェスの見どころ(4)「やついフェスキャンペーンガール」もリスタート

コロナウイルスの状況下で面接ができず頓挫していたキャンペーンガールも、オンライン審査としてリスタート。年齢、性別、プロ、アマ不問で募集し、6月21日(日)にグランプリを発表予定。グランプリは副賞として「LINE RECORDS」よりデビューが約束される。今回より新たに設立された「QJWeb賞」では『QJWeb』で連載企画をスタート予定。

応募期間も6月7日(日)までに延長したので、ぜひご応募ください。

やついフェス キャンペーンガール
キャンペーンガールオーディション エントリーフォーム

やついコメント「未来には常におもしろいことがあるはずだ」


『アルバムって覚えてる?』プリンスの言葉がずっと頭の中に渦巻いていた――西寺郷太インタビュー(PR)

この記事の画像(全5枚)


WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ