スカート澤部渡を形作ったカルチャー【後編】「過去/未来で僕を作るもの」

2020.2.2

文=松永良平


2020年で活動10周年を迎えた、澤部渡のソロプロジェクト・スカート。今年はアニバーサリーイヤーとして多くのライブやリリースを控えている。

ここでは、メジャー1stアルバムをリリースした当時のインタビューを2回にわたり掲載。後編では「過去に僕を作ったもの」「未来で僕を作るもの」をリストアップ。

清涼感のあるソングライティングながら、どこか影を感じる“不健康ポップバンド”と評され人気を博す彼の、原点に根付くカルチャーを紐解こう。

■前編:スカート澤部渡を形作ったカルチャー|ポップソングの源泉となる10要素

※本記事は、2017年10月24日に発売された『クイック・ジャパン』vol.134掲載の記事を転載したものです。


スカート澤部渡の「過去に僕を作ったもの

【マンガ】

町田 洋『惑星9の休日』

「シリウス」のジャケットを描いてくれた町田洋さんの単行本。「ワルツがきこえる」の歌詞は(この本に収録されている)「衛星の夜」が下敷きになっています。

木村 紺『神戸在住』

今みたいにマンガを読むようになったきっかけの1冊。本屋で表紙と目が合い購入しました。あの線の感じ、登場人物の感じ、未だに多大な影響を受けています。

小原愼司『菫画報』

その後、タイトル買いを覚えて『二十面相の娘』というマンガを読みはじめたのですが、それが面白かったので過去作も掘り返したら大ハマり。ジェットコースター少女マンガ、という言葉がしっくりきます。

【音楽】

Blossom Dearie『Sings』

1970年代の、ブロッサム・ディアリーのアルバム。ロウ・バジェットならではの録音が心を揺さぶります。

パラダイス・ガラージ『実験の夜、発見の朝』

高校3年生のころ、初めて豊田(道倫)さんのライブを観に行ったとき、このアルバムに入っている「I Love You」という曲でライブがはじまったのがとてもうれしかったです。僕にとってのポップ・スターです。

光GENJI

記憶があるのと同時に光GENJIを聴いていました。同じポニーキャニオンに所属できるのがうれしいです。僕が好きなのは松尾清憲さん作曲「風はオレンジ」、馬飼野康二さん作曲「笑ってよ」、飛鳥涼さん作詞・作曲「いつか、きっと…」のあたり

【場所】

高島平南天堂 

長くアルバイトをした地元の書店。よくレジに入った本店は閉店してしまいましたが、高島平団地内にある壱番街店は健在。みんなで行こう!「 さよなら!さよなら!」の歌詞は本店の閉店の知らせを受けてのものです。

ココナッツディスク

中古レコード屋。中学生のころから通う池袋店と、わりと近所の吉祥寺店を主に利用します。ココナッツディスクがなかったらリスナーとしてもミュージシャンとしても今の僕はなかったと思います。ポイントカードがとにかくたまる。

高田書房

ときわ台にある古本屋。レコードも置いてあります。ここも高校のころから行っていて、よく店主と話し込んではオススメを借りたり買ったりしました。最近のいい買い物はThe Young And Freeというグループの『Goin’ Somewhere』というレコード。

イノダコーヒー

京都は早くからスカートを気にしてくれていて、ライブに呼んでくれるのも早かった。遠征の醍醐味はなんといってもおいしいもの! イノダコーヒーでの衝撃はレモンパイと、ボルセナというスパゲッティーでした。

タワーレコード池袋店

中高生のころ「買えるものはなるべく新品で買う」という謎の誠意を見せてて、とにかくお世話になったのが池袋のタワー。学校帰りによく寄りました。試聴機でMaximumJoyを買ったり、yes, mama ok? を初めて取り寄せた引きの強さの上に、今の自分がいるような気がします。

【楽器】

Rickenbacker 360

2002年に限定モデルとして発売されて、当時欲しくてたまらなかったものを2013年に購入。その翌年復刻モデルが発売されました。

YAMAHA FG-180

小学校5年生ぐらいのころに祖父と一緒に行ったフリーマーケットで800円で購入。1970年ぐらいのもの。とにかく鳴る。レコーディングにライブにと、バリバリの現役です。

TASCAM portastudio 414MKII

高校のころに組んでいたバンドで大会に出て、ベストギタリスト賞を受賞。そのときの副賞で得た商品券で中古のカセットMTRを買い、高島平に宅録青年が誕生しました。わりと今でも引っ張り出してドラムの録音とかに使ってます。

【小説】
ボリス・ヴィアン『うたかたの日々』

高校生のころ、yes, mama ok?の金剛地(武志)さんに教えてもらった小説。先日久しぶりに読み返しましたがイマジネーションの飛躍に改めてシビれました。


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

松永良平

(まつながりょうへい)1968年熊本県生まれ。ライター/編集。著書『ぼくの平成パンツ・ソックス・シューズ・ソングブック』『20世紀グレーテスト・ヒッツ』『コイズミシングル』(小泉今日子ベスト・アルバム『コイズミクロニクル』付属本)、編著『音楽マンガガイドブック』、翻訳書にテリー・サザーン『レッド・ダ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太