ベボベ小出がトリプルファイヤー吉田の作詞をベタ褒めする理由

2020.1.30


「振り切れてない」気持ちも言語化する

――トリプルファイヤーでは、最近は作詞に専念されてるんですよね?

吉田 そうですね。曲に関してはギターの鳥居(真道)さんにいろんなビジョンがあるので、もう自分は作らなくてもいいかなーと。でも、最近「ちゃんと曲作ってほしい」と言われたんで、また頑張って作ろうかなと思いながら、今はできる自分に期待して待ってるっていう状態です。……なんか、めちゃくちゃ意識低いこと言っちゃったな。

小出  (笑)。吉田くんはそれだけ言葉が書けるんだから、もうそれだけでいいと思うけどね。いい曲を書ける人はたくさんいるけど、いい歌詞を書ける人はホント少ないからさ。もし、多少曲がつたなかったとしても、そこにすごい言葉が乗れば名曲になる可能性はあると思う。でも、その逆はないんだよね。マジで全国のミュージシャンは吉田くんをうらやましがるべきだと思うよ。

吉田   あんまりうらやましがられてないですけどね……。まあ、歌詞については一度で伝わらなくてもいいかなっていう気持ちもあります。ガツンとパンチラインを言いたくなるときもありますけど、別に毎回そうじゃなくてもいいし、ただ普通のこと言ってるときがあってもいいかなって。

小出 トリプルファイヤーの歌詞を聞いてると「この人は『切ない』とか『情けない』とか思った瞬間をよくこれだけストックできてるな」と思うんです。たとえば「最近いちばん悲しかったことは?」と聞かれたら、なにかしらのエピソードが出てきますよね。こう感情のメーターが振り切れてる瞬間は、誰でも言語化できるんです。でも、切ないときや情けないときはメーターが振れてないから自分自身でも記憶に残りにくい。でも、吉田くんの歌詞はその状態を見事にフレージングできてるんだよ。そこがホントすごい。「SEXはダサい」とか「スノボ行くやつ馬鹿」(いずれも吉田が作詞した楽曲のなかのワンフレーズ)とかさ。人が感じていても言語化できなかったことを、フレーズとしてしたためることができるのは完全に才能だよ。

吉田 たしかに僕もそういうやつが好きなんです。本とかを読んでるときも、そういう振り切れてない感情が書かれていると「すげえなぁ」と思うし。「こんなこと、わざわざ言うほどのことでもないよな」みたいな気持ちって、ずっと成仏されないじゃないですか。だから、できれば自分もそこをなんとかしたいんですね。逆にめっちゃ怒ってる人を見ると「それで十分じゃん。それだけ怒れたら、もう気持ちいいでしょ」と思っちゃうんで。

――そういうモヤモヤした気持ちを普段からメモに書き留めたりは?

吉田 いや、してないっすね。

小出 それでこれだけ言葉が出てくるんだから、やっぱりすごいよね。というか、人はメモとしてさえ文章化できない気持ちのほうが多いんですよ。でも、吉田くんはそれが普通にできるからすごい。

――吉田さん、大絶賛されてますね。

吉田 いやぁ、気持ちいいっす。……俺、今日はこんな気持ちよくなっちゃっていいんですか?


小出祐介(こいで・ゆうすけ)
1984年、東京都出身。ロックバンド・Base Ball Bearのボーカルギター。チーム
しゃちほこ、東京女子流、アイドルネッサンスなどアイドルグループへの楽曲提供も数多く行っている。

吉田靖直(よしだ・やすなお)
1987年、香川県出身。ロックバンド・トリプルファイヤーのボーカル。独特の存在感と大喜利の才能を活かし、『共感百景』(テレビ東京)、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)などTV番組にも出演している。


この記事の画像(全3枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

渡辺裕也

Written by

渡辺裕也

(わたなべ・ゆうや)音楽ライター。1983年生まれ。福島県二本松市出身。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太