DとZのあいだに 〜バラエティ番組とCERO問題~

2021.7.22


困ったときのバイオ頼み

そんなジレンマを抱える私たちには、ある救世主がいました。

その名は『バイオハザード』です。

バイオハザードヴィレッジ
『バイオハザード ヴィレッジ』

『バイオハザード』シリーズは、ホラーゲームのど真ん中でありながら「Z」版だけでなく、過激な表現を抑えた「CERO D」版もリリースされています。「D」であれば、深夜帯は扱うことができるのです。「D」と「Z」、ゲーム番組関係者にとってこの差はとても大きい。事実、『勇者ああああ』でも、何度『バイオハザード』にお世話になったかわかりません。
武器を一切使わない非暴力でミッション達成を目指す「ゲームガンジー選手権」、めちゃくちゃプレイしているのに、まるで初見のように振る舞う「予定調和ゲーム王」、ものまねタレントが大スターになりきってプレイする「世界一豪華なゲーム実況」(ほいけんたさんによる明石家さんまさんの『バイオハザード7』実況など)など、“困ったときのバイオ頼み”。とにかくお世話になりました。
余談ですが、その御礼といってはなんですが、私は『バイオハザード』は派生作品含めほぼすべてのタイトルを手にしていますし、特にお気に入りの『バイオハザード4』は、ゲームキューブにはじまり、PS2、PS3、PS4、Wii、スマホアプリ、Nintendo Switch、とリリースされるたびに買っています。武器商人の英語を「(この武器)ごっつレア~」と関西弁に空耳するくらい遊び倒し、また『バイオ4』を愛するアナウンサー鈴木史朗さんにシンパシーを感じ、複数の番組でその腕前を披露していただいたことも。いかに『バイオ4』が素晴らしい作品なのか、別の機会があればものごっつ語らせていただきたく存じます。

しかしながら、やりたいときにやらせてもらえる、そんな『バイオハザード』との都合のいい関係は長くはつづきませんでした。
番組が昇格し、放送時間帯が早まったことで「D」のゲームの扱いも慎重になったのです。厳密には時間帯が変わっても、やりようによっては扱えたのかもしれませんが、救世主が登場する前に番組のほうがバイオ的に言えばYou Are Dead、力尽きてしまいました。

長々とCEROについて語ってきましたが、CEROの存在に異論があるわけではありません。必要な制度だと考えます。また、昨今のテレビ局のガイドラインもゲームの扱いに限らず、ある程度厳しくなっているのは仕方のないことだと思います。
ただ、あるゲーム会社の人が、某ゲームのCERO判定を受験生の合格発表のように待ち、結果的に「CERO A」のお墨つきをもらって「よかった! これで子供たちをイベントに参加させられる」と胸をなで下ろした現場に居合わせたことがあります。地上波バラエティに限らずCEROのジャッジによって、運命が分かれるエンタテインメントはいろいろあるようです。

まったく関係ない話ですが、『勇者ああああ』終了後に担当したとある番組で、画面に映る芸人さん全員が真っ裸という最終回を迎えたことがあります。令和の時代に、これはアリなんだ、バラエティ的には「CERO D」なんだ、と思いました。


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

岐部昌幸

(きべ・まさゆき)1977年10月9日生まれ。群馬県太田市出身。放送作家としてバラエティ番組をはじめ、『ゲームセンターCX』『勇者ああああ』『よゐこのマイクラでサバイバル生活』などのゲーム番組や、ゲーム原作のアニメ脚本などを手がける。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太