ぱいぱいでか美がオズワルド畠中の唯一無二性を考える「ありのままで生きる」覚悟の裏にあるもの



オズワルド畠中は本当に化け物なのか?

番組後半は畠中さんの特技を披露する流れ。

「即興長渕」というもらったお題に対して長渕っぽい歌が即興で歌えるという芸だ。これがもう、体がねじれてひっくり返るくらいおもしろかった。

まだ観てない方はABEMAの見逃し配信で、絶対に、絶ッッッッッ対に! 観てほしい……。桃色うさぎちゃんが~、一番かわいいねぃ! セイッ!

あれ、なんかいつの間にか畠中さんの虜になってきた。この人めちゃくちゃおもしろい上に、唯一無二なんじゃないか?

即興長渕から感じる、魔人モードとはまた別の常軌を逸した肝の据わり方。人見知りではあるけれど、引っ込み思案なわけでもない。まあ芸人さんに向かって改めてこんなこと言うのもおかしい話ではあるが……。

単純な化け物じゃないのだ。もちろんそのへんにいる内気な人でもない。

だからこそ、他人のありのままにも寛容だ。自分のことを知らない97%への疑問もない。ありのままで生きる覚悟の裏には、他人にもありのままを許す懐の深さがある。

この人は山奥で何を経験し、人里で何に触れたんだろう?

オズワルド
「もっと売れたかった」って言って死ぬと思う──M-1決勝2年連続進出のオズワルドが目指す、「これまでと違うチャンピオン」とは(写真=長野竜成)

私はその時々の環境や立場によって、「自分が何を求められているのか?」を考え過ぎてしまう節がある。どれも本当の自分だけど、どれも本当の自分じゃなかったらどうしようと、天井をただただ眺めている日だってある。

「ありのままを受け入れてもらいたい」という願望はみんな少しずつあるもので、大人になるにつれ良くも悪くも世の中に順応してしまう。

だけど畠中さんは畠中さんのまま、自分のことも世の中のことも、ただただ受け入れて過ごしている。

私も畠中さんが暮らしていた山に行ってみたいと思った。

畠中さんはきっと「山奥でひとりで暮らしたかった化け物」ではあるけれど、もっと言えば「山奥でみんなで暮らしていける化け物」なんだと思う。

ていうか、なんなら化け物じゃないと思う。畠中さんからすると、人里の常識に当たり前のように合わせて生きている私たちのほうが化け物に見えているのかもしれない。

歪で大きくて優しくておもしろい不思議な生き物、畠中さん。

しくじり先生では次回も「畠中を考える」の続編が放送される。

楽しみなテレビがあるだけで、今日も一日がんばれそうだ。

『でか美祭 2021 〜8月8日はぱいぱいの日〜』

「8月8日はぱいぱいの日」が合い言葉。ぱいぱいでか美主催のエンタメ複合フェス『でか美祭』が今年も開催決定!

現在決まっている出演アーティストは、眉村ちあき、絵恋ちゃん、ONIGAWARA、吉川友、ゆっきゅん、JABBA DA FOOTBALL CLUB、ISEKI(元キマグレン)、クジラ夜の街。

『でか美祭 2021 〜8月8日はぱいぱいの日〜』
日程:2021年8月8日(日)
開場:12:00/開演:13:00(仮)
配信プラットフォーム:ニコニコ生放送
会場:TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-Crest
主催:ぱいぱいでか美
協賛:ジャパンフリトレー株式会社
制作・運営:シブヤテレビジョン/YU-M エンターテインメント
協力:ニコニコ生放送

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



ぱいぱいでか美

Written by

でか美ちゃん

(でかみちゃん)一度聞いたら二度と忘れられない名前と、ふざけた芸名とは裏腹に的確なコメント力を武器に、場所を選ばず大活躍。『有吉反省会』(日本テレビ)レギュラー出演のほか、自身の楽曲の作詞作曲やライブ活動、楽曲提供、グラビア、映画出演、コラム執筆などジャンルやメディアに捉われず活動中。さまざまなユニ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太