『水曜日のダウンタウン』でも扱えなかった。水島新司作品の露出が少ない現状を悲しむ (画像ギャラリー 1/5)

筆者蔵書の一部。巻数が多く、刊行年数も古い物が増えてきたため、ネットカフェ・漫画喫茶でも水島作品は近年見かけない店が増えている

この記事の画像(全5枚)