なぜ阿部寛は歩くのか?95歳の父親との時間と、年齢を重ねる実感「体を張ると、また火がついちゃう」

2022.9.11

文=安里和哲 撮影=西村 満 編集=菅原史稀


阿部寛、58歳。幅広い役柄をこなしながら、着実にキャリアを築いてきた男は、気づけば日本を代表する役者となった。 今回、9月14日より独占配信がスタートするディズニープラス「スター」オリジナルドラマ『すべて忘れてしまうから』で主演を務める阿部に、QJWebがインタビューを敢行。円熟期にある阿部に、作品や役者業についてはもちろん、中学時代の挫折や人生の話、そして老いた父親との“映画のような”エピソードを話してもらった。 阿部寛(あべ・ひろし)1964年6月22日、神奈川県出身。『TRICK』(テレビ朝日)や『ドラゴン


この記事の画像(全4枚)



  • 『すべて忘れてしまうから』

    ディズニープラス「スター」オリジナルドラマで9月14日より独占配信
    阿部寛主演、大人のためのビタースイートなラブストーリーを描くディズニープラス スターオリジナルドラマが始まる。ハロウィンの夜に、5年間付き合った彼女が消えた。ミステリー作家の“M”は、突然失踪した彼女“F”を探すことに。しかし、人々が語るFは、彼の知らない顔を持っており、やがて驚きの秘密が明らかになっていく……。あなたは、大切な人のことをすべて知っていますか? どんなに近しい人にも、知らない顔がある。この秋、消えた彼女をめぐるミステリアスな物語があなたの心を惑わす──。

    C)Moegara, FUSOSHA 2020

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

安里和哲

Written by

安里和哲

(あさと・かずあき)ライター。1990年、沖縄県生まれ。ブログ『ひとつ恋でもしてみようか』(https://massarassa.hatenablog.com/)に日記や感想文を書く。趣味範囲は、映画、音楽、寄席演芸、お笑い、ラジオなど。執筆経験『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』『Maybe!』..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。