伊集院光と奥森皐月のラジオ対談「思ったことを全部言う」リスナーとの信頼関係、ひとりしゃべりのコツを伝授

2022.2.17


ひとりしゃべりのコツは「思ったことを全部言う」

伊集院光-奥森皐月

奥森は、将来的にラジオパーソナリティとして深夜の2時間をひとりしゃべりでやっていきたいという。長年その道を第一線で行く伊集院は、ラジオのよさを「言い切らないまま、考え方が変わっていくこと」だと言って、再現口調で語り出す。

「ラジオのいいところは時間が長く使えるところ。『それってダメじゃね? まあ、そんなダメって言い切れるほど、俺もちゃんとした生活してるわけじゃないか。「俺にダメって言われても……」っていう言い分は、向こうにもあると思うんだけど。たださ、ルールで考えたらダメだよね。うん、世の中ルールだけじゃないよ! わかるよ、でもそれは……』って。こんなひとりしゃべりはラジオ特有だし、ラジオの好きなところ」

140字のツイートや文字起こしの要約では拾い切れないニュアンス。パーソナリティとリスナーが毎週2時間過ごすことで初めて共有できるコミュニケーションの妙。のらりくらりとした結論のないトークでも聴いていられる親密感。それらのすべてがラジオにはある。パーソナリティとリスナーとして立場は違えど、ふたりはその感覚を共有しているようだ。

奥森も「そこに憧れる自分がいるのかも」と目を輝かせ、「どこかで、話に一貫性持たなきゃ、筋を通さなきゃって思い込んでるけど、ある意味での自由」の尊さを伝える。そして伊集院も「一貫性とか筋がなきゃいけないと思ってない人の『自由な話』はおもしろくないっていうか。聞きどころがない」と重ねるのだった。

さらに伊集院はリスナーとの信頼関係を築く秘訣まで伝授する。

「ひとりしゃべりのコツは、思ったことを全部言うことだと思うんだよね。自分が矛盾してるってことに気づいてれば、矛盾してないのと一緒。『今、私矛盾しちゃってるよね、どうしよう』と言えば、リスナーは『この人は矛盾しちゃいけないってことはわかってる人だ』って思ってくれる」

これには奥森も「伊集院さんの、思っていることを言うところが好きなのかもしれないです。それによって、急に人間味が出る」と納得した様子だった。

30年にわたってラジオパーソナリティとして活躍する伊集院と、若きラジオ好きにして未来のパーソナリティのトークはこれでもまだ序盤。ここからさらにヒートアップし、核心に迫っていくその模様は、2月17日(木)配信の本編で確認しよう。

【関連】ラジオ変態の女子高生、伊集院光に恋をする(奥森皐月)

奥森皐月の公私混同

『奥森皐月の公私混同』:配信ページ
「logirl」にて毎週木曜18時更新、伊集院光のゲスト回は2月17日(木)に公開。
※配信日の18時から19時までは無料で視聴可能


この記事の画像(全15枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

安里和哲

Written by

安里和哲

(あさと・かずあき)ライター。1990年、沖縄県生まれ。ブログ『ひとつ恋でもしてみようか』(https://massarassa.hatenablog.com/)に日記や感想文を書く。趣味範囲は、映画、音楽、寄席演芸、お笑い、ラジオなど。執筆経験『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』『Maybe!』..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。