トータルテンボス「息子がきっかけでもいい」。晴空くんとの親子共演を拒まない理由

2021.11.14


大村の魅力を引き出す千鳥のふたり

トータルテンボス

——藤田さんは、年齢に伴ってパフォーマンスの変化を感じることはありますか?

藤田 歳を取って、くちゃくちゃになっていけばいくほど味が出るだろうなとは思っていました。それは漫才だけじゃなく、いたずらを仕掛けられるのだってそうで。会社内での地位が上がっていたり、孫もいたりして敬われる立場であればあるほどおもしろいですよね。昔、(ビート)たけしさんが(明石家)さんまさんの車をボコボコにしてたじゃないですか。あれって芸能界トップのふたりがあんなことをやっているのがおもしろいと思うんですよ。

大村 歳を重ねると人間味が出て、ますますおもしろくなりますよね。「いい年して」というのがついてくるから。おぼん・こぼんさんの意地の張り合いも「いい年して」のおもしろさだよな。

藤田 すごく大人気ないところがおもしろい。

大村 藤田にもおぼんさんみたいな部分がいっぱいあるので、そういう面がもっと出たらさらにおもしろいのかなと思いますね。

——おぼんさんといい、もぐらさんといい、大村さんはいろんな芸人さんに藤田さんを重ねて見ているんですね。

トータルテンボス

大村 藤田のよさを引き出して世に知らせるのが僕の仕事なのかな、と思うんですよ。世間に気づかれてないところがまだまだあると思うので。

藤田 僕からしたら、大村のおもしろさもあると思うんです。天然なところとか、カッコつけてるようなところとか。でもそれを僕がイジるとバランスがよくない。

——大村さんのおもしろさに気づいても、藤田さんから発するのは違うと。

藤田 僕らのファンにはそこを期待してないというか、「お前はイジられておけ」というところがあると思うんです。そこをうまく、まんべんなくイジってくれるのが千鳥なんですよ。『千鳥のクセがすごいネタGP』(フジテレビ)なんかにふたりで行くと、俺より断然大村のほうがイジられますからね。

大村 藤田はイジり飽きた、と。

藤田 大村というおもちゃのほうがおもしろい、って。千鳥は昔から一緒にやってきて、「世間は大村のおもしろさをわかってない」と一番言ってくれるふたりなんですよね。

——この先、藤田さん大村さんそれぞれの魅力がますます観られるようになるのを楽しみにしています。

トータルテンボス

大村 劇場の出番もいただいてますし、親子でオファーもいただいていて、今は充実しています。次はとにかくまた全国ツアーが再開できたらなあと思いますね。

——今年は東京・大阪の2カ所ですもんね。でも、年に一度トータルテンボスが来るのを待っている人が全国にいるってすごいことですね。

大村 僕らのライブ、本当にいろんな人が来てくれるんですよ。

藤田 カップルが多いんです。彼氏が彼女を連れてくるパターンもあるし、逆に彼女が彼氏を連れてくるパターンも。

大村 そこで彼氏が喜んで来てくれるのがうれしいですよね。

トータルテンボス

藤田 親子連れもいるし、60代くらいのお母さん3人組とかもいる。

——幅広い人たちに受け入れられようと狙っていたわけではないですよね?

藤田 全然狙ってないです。びっくりしてるよな。

大村 本当に。全国を回っているうちに次第にいろんな方が来てくださるようになって。

——全方位型漫才師ですね。

藤田 僕らを知っている人が知らない人を連れてきてくれて、「お笑い入門」として観てもらえるのが一番いいし、きっと満足して帰っていただけるとは思います。

大村 僕を息子の隣で立ってるしゃべらない人、藤田を大食いの人、みたいなイメージしか持ってない方に僕らの漫才を知ってもらえたら、なおうれしいですね。


この記事の画像(全12枚)



  • トータルテンボス

    トータルテンボス単独公演2021『背広の合うふたり』

    前売:4,000円/当日:4,500円
    オンライン配信(東京公演のみ):1,600円(いずれも税込)
     
    日程:2021年11月17日(水)17:45開場/18:30開演
    会場:なんばグランド花月
     
    日程:2021年11月19日(金)18:00開場/18:30開演
    会場:ルミネtheよしもと ※会場チケット完売

    関連リンク


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

釣木文恵

(つるき・ふみえ)ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。