トータルテンボス「お客さんは7人」「当時は口だけだった」……『M-1』優勝より難しい“笑いの本質”を考える

2021.11.13
トータルテンボス

文=釣木文恵 撮影=いわなびとん 編集=鈴木 梢


芸歴24年を数えるトータルテンボス。2006年スタートの47都道府県ツアー以来、昨年コロナ禍で休止を余儀なくされるまで、毎年全国ツアーを行っていた。11月に単独ライブ『背広の合う二人』を控えるふたりは今、漫才にどのように向き合っているのか。全国ツアーを始めたころの思い出と共に、ネタへの取り組み方の変化も語ってもらった。

外出自粛期間に救いをくれる、Amazon Prime Video 『よしもとお笑いセレクト』おすすめ作品6選


笑い飯がきっかけで始めた全国ツアー

——トータルテンボスのおふたりは10年以上もの間、単独ライブで全国を回ってこられました。毎年のように全国ツアーをつづけることのできる漫才師は、けっして多くないと思いますが。

トータルテンボス
藤田憲右(ふじた・けんすけ)1975年12月30日、静岡県生まれ

藤田 僕らがツアーで全国をまわるようになったきっかけは、笑い飯さんなんですよ。もともとは『M-1グランプリ』で優勝するために、武者修行的な意味合いで始めたことで。

大村 2004年に初めて『M-1』決勝に行けたけど、翌年は決勝に選ばれず。「何がいけなかったんだろう、笑い飯さんはなんで毎年行けるんだろう」と思ったら、その年、笑い飯さんは全国14カ所を回られてたんですよ。じゃあ僕らもそれをやったら、また決勝に行けるんじゃないかと。

藤田 全国を回ればスキルアップできるんだ、と。

トータルテンボス
大村朋宏(おおむら・ともひろ)1975年4月3日、静岡県生まれ

大村 そういう単純な発想から会社にお願いしたら、当時のマネージャーが「どうせなら47都道府県行っちゃうか」と言ってくれて。「ぜひやらせてください!」とツアーが決まったとたんマネージャーが変わって、次のマネージャーが「本当にやるんすか?」。

——えっ?

藤田 はしごを外されそうになってね。

大村 「えー、できないっすよ」とマジで嫌がられて。

トータルテンボス

藤田 それを乗り越えて、なんとか47都道府県を回れることになって……。いろいろありましたよ。たとえば宮崎県って、『M-1』が放送されていなかったんですよ。

大村 だから宮崎の人たちは『M-1』に一度出た程度の僕らのことを知らなくて。お客さん、何人だったっけ?

藤田 7人。

大村 そもそも全員入っても100人いかないくらいの小さなライブハウスを借りていたのに、10人も来なかった。だから苦し紛れで急遽、結婚式くらいの円卓テーブルを借りてきて並べて。

藤田 会場が狭いから7人限定でやってるんですよ、という感じにして。あとは長崎で、テレビ局のロビーみたいなところにお客さんを入れてやったこともあります。ちょっと小上がりを作って舞台みたいにして。学園祭のほうがまだ立派なくらい。

大村 学芸会だな。

トータルテンボス

藤田 照明もないからマネージャーが電気を消すんですよ。「はいどーもー!」と出て行ったら「パチパチパチ」と電気のスイッチの音がして、タイムラグがあってちょっとずつ明るくなる。音響設備もないからラジカセで出囃子を流してね。

大村 本当に手作りのライブから始めたんですよね。

『M-1』に出られなくなって気持ちが途切れた

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

釣木文恵

(つるき・ふみえ)ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太