Aマッソ、メディア引っ張りだこも「このままやったらあかん」。伝説のラジオに大抜擢された今、何を思うのか

2021.10.2


リスナーは熱いしうるさい、ちょっと監督みたいな目線を持ってる

——『ヤンタン』新パーソナリティに決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

Aマッソ

村上 「歓喜ボッカン!」ですね。

加納 私は「ドガーーーン!」ですね。びっくりしました。ほんまに弱小野球部が「甲子園目指す」と言ってるくらいのノリで、ラジオのスタッフと「いつか『ヤンタン』やりましょうよ」「いや、もうええって」みたいなことは去年言ってたんです。それがマジになるんか、という。

村上 ほんまに運。マジ運。

——『Aマッソの両A面』は深夜2時からの生放送で、『ヤンタン』は午後10時からの放送になるわけですが、時間帯が繰り上がるというのはやはりうれしいものなんでしょうか。

Aマッソ

加納 深夜だと途中で寝てしまうリスナーが多くて、けっこう脱落していきますからね。

村上 3時半くらいからどんどんコメントも減っていって。

加納 村上さんも半分寝てるよね。3時と4時に時報が来るんですけど、村上が寝ないで時報を言ったら、リスナーから「よく言えたね」って褒められる。すごい世界ですよ。

——ラジオのお仕事というのは、おふたりにとってはどういう位置づけのものなんですか?

Aマッソ

加納 人懐っこい漫才せえへんし、ちょっと温度が伝わりにくくて、親近感がわかへんところはあったので。そんななかで両輪になったのは強かったですね。

——たしかにおふたりはSNSもやっていないし、素に近い部分を出せる場所がラジオしかなかったんですね。

加納 そうです。

——改めて振り返ると、『Aマッソの両A面』はどういう番組でしたか?

加納 あの時間帯にしては異例なんですけど、リスナーとのやりとりが9割ぐらいで、めっちゃ盛り上がるんです。リスナーは熱いですし、うるさいですね。

——うるさい?

加納 Aマッソに対してちょっと監督の目線もあるから、あかんほうに行ったら修正するのはウチらや、みたいに思っているから、物言いがウザかったりはします。それはちゃんと伝えてますけどね。

——リスナーとの関係性も独特なんですね。

Aマッソ

加納 『THE W』で決勝行ったときにも、(優勝して)賞金1000万獲ったらリスナーに貸すよ、とか言ってたし。貸す企画とか、普段の活動と絡めていけたのがよかったかなと。

村上 カス企画?

加納 カスの企画じゃないよ。貸し出すほうね。

——大丈夫です、たぶん村上さん以外には伝わっていました。

Aマッソ

村上 ウチだけか!(笑)

ウチらのようなのって意外とおれへん

——村上さんにとってラジオはどういうものですか?

村上 おしゃべりの練習ですね。あと、読み物の練習もあります。言わなあかんことをちゃんと言えるようになってきています。

——やっていて成長しましたか?

村上 そうですね。タイトルコールも最初のほうは一回もちゃんと言えなかったんですよ。でも、今はもう言えるんです。

——(台本を)見ずに?

村上 (誇らしげに)見ずに!

加納 怖いでしょう? このドキュメントも並行しているんです。

Aマッソ

村上 今までは月1回の放送でしたけど、これから週1になるんです。だから、成長が目まぐるしいと思います。

加納 「著しい」な。

村上 著しいと思います。

加納 コンビの2分の1がこれで『ヤンタン』決まってるのえぐいですよ。何言ってるかわかれへんねんから。ほんまにすごいと思う。

村上 でも、大丈夫。成長を見守るのも楽しいでしょ。たまごっちみたいな。

加納 ……と言いますと?

村上 ブームになるでしょう。

加納 わからんな。

——芸人のラジオ番組にもそれぞれ特色があると思いますが、おふたりのラジオはどういう感じですか?

加納 それをついこの間も話していたんですけど、この年齢の女コンビでウチらのようなのって意外とおれへんじゃないですか。特別な思想があるわけでもなく、毒吐いてるわけでもなく、ケンカ芸でおなじみなわけでもなく。だから、『ヤンタン』も始まってみないとカラーが決まってけえへんのかなと。



『クイック・ジャパン』vol.164の表紙・巻頭特集はAマッソ


この記事の画像(全13枚)



  • Aマッソ第8回単独ライブ『ずいぶんじゃねぇか、なぁスニッツ!』

    <会場>
    日時:
    11月1日(月)18:30開場19:00開演
    11月2日(火)14:30開場15:00開演/18:30開場19:00開演
    11月3日(水・祝)13:30開場14:00開演/17:30開場18:00開演
    会場:東京・草月ホール
    料金:4,400円
    <生配信>
    日時:11月3日(水・祝)18:00~
    ※アーカイブは11月10日(水)23:59まで視聴可能
    料金:2,500円

    関連リンク

  • 【Aマッソ×QJWeb サイン入りチェキプレゼント】フォロー&リツイートキャンペーン

    キャンペーンの応募期間、参加方法は以下をご覧ください。

    【応募期間】
    2021年10月07日(木)〜2021年10月16日(土)
    ーーーーーーーーーーー
    【ステップ1】
    ツイッターから『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」をフォローしてください。
      ▼
    【ステップ2】
    『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウントがキャンペーン告知をした以下の投稿を、応募期間中にリツイートしてください。


    ※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でリツイートしてください。アカウントが非公開(鍵アカウント)の場合はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    ※「いいね」はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
      ▼
    【応募完了!】
    締め切り後当選された方には、『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」からDMにて、ご連絡差し上げます。フォローを外さず、DMを開放してお待ちください。
    当選の発表は、こちらのDMをもって代えさせていただきます。
    ※当落についてのお問い合わせは受けかねますので、ご了承ください。
    ※本景品は非売品です。譲渡・転売はご遠慮ください。
    ※チェキのパターンのご希望は承れません。
    ※いただいた個人情報は、本プレゼントキャンペーン以外の目的には使用しません。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

ラリー遠田

(らりー・とおだ)1979年、愛知県名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家・ライター、お笑い評論家に。テレビ・お笑いに関する取材、執筆、イベント主催など多岐にわたる活動を行っている。『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わ..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。