すゑひろがりず・南條庄助「ほんまに天が授けた太鼓持ちの鼓やと思います」〜各々語り南條の巻〜



「いいって言うまで走っとけ」ならできそう

──三島さんに「南條さんのここがもっと注目されてほしい」という部分を聞いたら、「博学、運動神経、根性、歌」とのお答えでした。

南條 どれも苦手ではないけど、そこまでできるかと言われると……。うまく見せるのが多少得意なだけなんですよ。運動神経も言うほどじゃないです。足も遅かったですし、ただ長いこと野球をつづけてそれなりになっただけの、本当は不器用な人間で。そら三島基準で考えたら、かなりできるほうかもしれませんけども(笑)。歌なんて全然ですよ。めちゃくちゃうまい芸人、いっぱいいますからね。トレンディエンジェルの斎藤(司)さんとか、ジャングルポケットの斉藤(慎二)くんとか。博学だって、ロザン宇治原(史規)さんをはじめとしてうじゃうじゃいますし。

──根性の部分はどうですか? 南條さんはかつて『クイズ!紳助くん』の「なにわ突撃隊」として、トライアスロンや琵琶湖横断など過酷なロケをたくさん経験されていますよね? そこで培った根性はちょっと比類ないものだと思うのですが。

南條 虐げられることがそんなに苦じゃないんですよね。体育会系というのもあるのか、大抵のことは我慢できる。でも「ノーブレーキで坂下る」とか、「はい、バンジージャンプ飛んでください」とかは怖くてできない。(天竺鼠)瀬下(豊)さんのように痛いとこにウァー!とか辛いもんブワー!みたいなんは全然無理です。その代わり、「ずっとこの荷物持っといて」「いいって言うまで走っとけ」とかはできそう。じんわり根性と言えばいいんですかね、根性というより忍耐というか。テレビ向きの根性ではないんですよ。

──そう言われるとつい納得してしまいますが……。その「自分は全然すごくない」という認識はいつごろからですか? 芸人を目指すという時点では、それなりに自信があったのではないかと思うのですが。

南條 ですよねえ。……昔から、ひょうきん者で目立ちたがりであったことは確かなんですけど。高校生とか大学生のころはほんまにお調子者でしたから。当時は、まあ内輪やったら一番おもしろいという自信はありました。けどいざ芸人の道に進むと、内輪じゃなくなるじゃないですか。実際まわりにバケモンみたいな人がいっぱいいて、唯一今まで自信のあった部分が崩れた。それから、全体的に控えめになったかもしれないですね。

取材中、部屋に入ってきた蚊を退治しようと何度かトライし、最後は裏拳で仕留めた南條
取材中、部屋に入ってきた蚊を退治しようと何度かトライし、最後は裏拳で仕留めた南條

ひとり残らず楽しくさせたい


この記事の画像(全24枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

釣木文恵

(つるき・ふみえ)ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太