マヂカルラブリー『アメトーーク!』登場<シリーズ大宮セブン#4>「仲良しで集まってないから、仲悪くなっても終わらない」

大宮セブン4

文=釣木文恵 編集=アライユキコ 


とうとう『アメトーーク!』で特集されるまでに至った「大宮セブン」。2014年、その立ち上げから「大宮セブン」メンバーとして活動してきたのが2020年『M-1グランプリ』王者、マヂカルラブリー。「大宮セブン」って結局なんなんですか? なぜ賞レース激強軍団なんですか? 「マジでクソつまんなかった」場から、なぜ王者は生まれたんでしょう?


大宮はもうひとつの故郷

──『M-1グランプリ』優勝後、かなり忙しい日々を過ごされていると思いますが、そんななかで先日「オートバックス大宮バイパス店」の配信ライブに半日で計8回出演されていたのには驚きました。

野田 そりゃもう、故郷ですから。

村上 大宮には感謝の気持ちがありますから。あの日はお世話になってるオートバックスの店長含め、大宮の皆さんが観に来てくださったり、お花をくださったりして。

野田 俺の知らない夜の部の人からも来てたね。

──夜の部。

村上 よく飲んでいた大宮の方々ですね。ライブのあと、初代の支配人と一緒に飲みに行ったらそこに大宮の有力者がいるという状況が月3〜5回ありまして、僕らはそれを「夜の部」と呼んでたんですよ。よく言えば外交ですよね。昔からコンビの外交は僕が担当なので。ただ酒を飲むのが好きなので自然とそうなっただけですけど。大宮ラクーンよしもと劇場はとにかく地域密着型の劇場ですからね。

お笑いバックスちゃんねる「祝!!マヂカルラブリーM-1優勝記念公演」2021年1月18日配信

「終わってた」状態からの大宮入り


この記事の画像(全8枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

釣木文恵

(つるき・ふみえ)ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太