すゑひろがりず・南條庄助「ほんまに天が授けた太鼓持ちの鼓やと思います」〜各々語り南條の巻〜



ひとり残らず楽しくさせたい

──南條さんはご自身を「生来の太鼓持ち」と言うことがありますよね?

南條 はい。そう思いますね。

──その太鼓持ちという立場と、高校、大学と野球部のキャプテンという中心的存在だった来歴は、相反する気もするのですが。

南條 キャプテンといっても、責任感があるというよりは、ただ明るくて元気で目立ってたというだけなんですよ。

──では、そのころからとにかくその場を盛り上げたいという意味の太鼓持ち精神を持っていた?

南條 そうですね。……僕、険悪な空気がめっちゃ嫌いなんですよ。ちょっとでも人が嫌そうだったり、しんどそうだったりすると自分が食らってしまうんです。事件や事故のニュースも、必要以上に感情移入し過ぎてしまって、観ていられない。

──自分に関わりのないことでも、気持ちが落ち込んでしまう。

南條 だから、客席にひとりでも笑っていない人を見つけると、もう焦っちゃうんですよ。たったひとつのボケがウケないのも引きずってしまう。

すゑひろがりず・南條庄助
「客席に笑っていない人を見つけたら、一気に汗が出てきます」

──だからなるべくそうならないように、とにかく盛り上げる?

南條 そうですそうです。ただただひとり残さず楽しくさせたいという、ピュアなサービス精神で。三島はそのへん、全然動じないんですよね。ちょっとウケなくても「まあええやろ」とか、「そんな顔してる人いた?」くらいの感じ。気にし過ぎる僕とは、まあちょうど合ってるんでしょうね。

──三島さんは、南條さんのことを「人のために動ける人間」とも言っていましたが。

南條 これもなんでかわからないですけど、自分だけが利を得る状態がめちゃめちゃ気持ち悪くて嫌なんですよ。よく思われたいとかじゃなくて、自分がストレスを感じてしまう。利益はそりゃ多いほうがいいけど、まあみんなで分けましょうよ、と思っちゃう。

──たとえば、幼いころからそういう教育を受けていたとか?

南條 うーん、大人の顔色はよく見てましたね。親が姉ちゃんに厳しくしているのを見て、怒られないように要領よくするタイプ。

──そこで、先ほど言われたように空気が悪くなるのを避けていた面も?

南條 そうそう! ああ、そうやな。そのピリッとする感じが、たぶんめっちゃ嫌だったんですよね。だから今もなるべく険悪な空気を避ける。まあ「三つ子の魂百まで」で、この感覚はずっと変わらないんでしょうね。

「険悪な空気も必要なときがあるのはわかるんです。でも僕はちょっとそれを嫌いすぎてる節がある」
「険悪な空気が必要なことも時にあるんでしょうけど、なぜか僕はそれを嫌い過ぎてる節があって」

阪神園芸みたいに褒められたら一番うれしい


この記事の画像(全24枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

釣木文恵

(つるき・ふみえ)ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太