「なぜこんなに若い方がたくさん亡くなっている?」日本人僧侶が明かす“技能実習生の実態”

2021.6.30


コロナ禍で後回しにされる外国人問題

コロナ禍の影響によって、2020年以降は吉水氏への相談は増加傾向にあるという。職や家を失った実習生、学費が払えず退学した留学生、飛行機が飛ばなくて帰国できないといった深刻なものも多い。

──コロナ禍では実習生や留学生にどのような影響があったのでしょうか。

吉水 給料未払いや、本来なら13万円もらえるところが7万円や5万円しかもらえないということが起こりました。そうなると借金も返せず、仕送りもできず、ベトナムの家族が困窮してしまうので、よりよい給料のところに行こうと失踪が起こります。

──吉水さんらが政府へ働きかけた結果、帰国が困難な状況の人たちに向けて週に28時間の労働が許可される特別措置が出たそうですが、それだけではじゅうぶんではないのでしょうか。

吉水 コロナで便数が減って飛行機代が28万円から40万円ほどかかりますが、家賃、生活費を払いながら週28時間の労働で飛行機代を貯めようと思ったら、1年近くかかってしまいます。たとえばそれを週40時間にしたら、もっと早く帰れますよね。

──どうしてこのように対応が後手後手となってしまうのでしょうか。

吉水 外国人の問題というのは、関心を持つ人が少ないので対応が後回しになっていて対応する公的機関がなく、私たちのような民間の団体が中心になって活動しています。政策を作る側の人たちには、もう少し実情に合った、思いやりのある政策を考えていただきたいです。

吉水氏と彼女が支援しているベトナム人たち

見直しが必要な技能実習制度

問題点が多いと言われる技能実習制度だが、それでも来日する外国人が絶えないのは、きちんとした企業で実習し、3年間まじめに働けば300万円近く貯めて祖国に帰ることができるからだ。その点についても伺ってみた。

──技能実習制度にもいい点はある、という意見もありますが。

吉水 そうですね、大学卒業の学歴を持っていない中卒や高卒の学歴でも、技能実習制度を利用すれば来日して働くことができます。必ずしも技能実習制度のすべてが悪いわけではありませんが、見直しは必要です。

──では、技能実習制度のどのような点を改善すればいいのでしょうか。

吉水 まず、借金しなくても来られるようにすること。また、今の制度ではとにかく誰でもいいから人を集めるような感じになっていて、日本語を覚える気がまったくないとか、そもそも仕事を覚える気がないとか、明らかに日本で働くのに向いていない人まで来日しています。

日本語の勉強をちゃんとした上で、本当にやる気があって、働く気がある人だけに来てもらうように受け入れ時にふるいにかける必要があるのではないでしょうか。それに日本側も来日してからも日本語の勉強をさせるとか、ちゃんと稼げるだけの仕事を与えて、賃金を支払う努力ができる実習先で受け入れなければなりません。

映画『海辺の彼女たち』で描かれていたように、日本には多くのベトナム人女性が技能実習生として来日している

──現在およそ37万の人技能実習生が日本にいて、その制度や実習生の待遇が問題になっていますが、実習生の人権を守る機関や実習生のメンタルのケアや保護をする公的機関はないのでしょうか。

吉水 相談窓口となっている外国人技能実習機構があまり機能しておらず、企業側は実習生を人ではなく労働力としてしか見ていません。実習生が仕事の覚えが悪かったり、日本語ができないといったような理由で、使えなければ返品、強制帰国というように軽い気持ちで実習生を採用するような企業もあります。しかし、人間を相手にしているのですから、それは人道的にもよくありません。

無言の帰国をさせないために


この記事の画像(全19枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

太田明日香

(おおた・あすか)ライター、編集者。兵庫県淡路島出身。著書に『愛と家事』(創元社)。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。