KEN THE 390「忙しくても公園で寝ても、ラップに救われた」留年と就職を経て辿り着いたヒップホップ愛

2021.3.24


フリースタイルダンジョンの功績

──『フリースタイルダンジョン』が流行り、明らかに多くの人がヒップホップを聞くようになったと思います。KEN THE 390さんも同番組に審査員として出演されていました。状況が変化したなと感じることはありますか?

プレイヤーとお客さんの年齢が下がりましたね。『フリースタイルダンジョン』が流行る前は、ヒップホップ好きの人はわりと年齢層が高かったんですよ。それはKICK THE CAN CREWやキングギドラなど、2000年前後にヒップホップを好きになってくれた人たちがずっと応援してくれたからなんですけど。

『高校生ラップ選手権』や『フリースタイルダンジョン』があったから中高生が聞くようになり、ラップをし始めた。フリースタイルはスマホでトラックを流せば、明日にでも学校でできる。そういう誰もが手軽に始められる魅力が若い子たちに届き始めましたよね。

それに、ラッパーってこれまで身近にはいない、ある意味でエイリアン的な存在だったと思うんですよ。それが般若さんやR-指定とか、いろいろなキャラクターの人がいることがわかってもらえて、身近になったのも『ダンジョン』の功績だと思いますね。

KEN THE 390 feat.R-指定、般若「Overall」

──現在は『フリースタイルティーチャー』に出演し、ヒプノシスマイクのステージでは音楽監督も務めていて、さまざまな分野の方とコラボレーションする機会が増えたと思います。そうしたときの難しさや楽しさはありますか?

求められるものがその都度違うので、どうアジャストするか悩むことはあります。CMは、商品のイメージをよくするためのラップなのか、それとも商品紹介をするためのラップなのかでも違いますし。でも、相手が求めているものと違いがあっても、着地点を見つけ出すことにおもしろさを感じることもありますね。

──ほかの分野の人でも、ラップの才能があると感じる瞬間はありますか?

ありますね、特に話がおもしろい人。たとえば朝起きて、歯を磨いて、学校へ行くというありふれた日常を、その人なりの切り口や技術を使うとおもしろくなる。お笑い芸人さんはそういうところが上手ですよね。それも才能かなと。

ヒップホップに必要なアップデート

──若いプレイヤーやお客さんにヒップホップが広がり、ドラマやバラエティ番組などでもラッパーを目にする時代です。現状についてどう考えていますか?

変化の過渡期にあるのではないかとは考えてます。まず、若返りが図られたことで、風通しがよくなってきている印象です。

また、ヒップホップはそもそもアフリカ系アメリカ人のようなマイノリティが社会のマジョリティに対して、自分たちの声を届ける手法のひとつだった側面がある音楽です。つまり、多様性を許容するための音楽だったはず。でも、ヒップホップ自体が、多様性を排除していた時代があった。

それはヒップホップ的なマチズモ(男性優位的、男らしさ)から外れたものに対し、「これはヒップホップじゃない」とか手厳しい評価がなされることもあった。そういう考え自体をアップデートしないといけない。

そうじゃないと、今のジェンダーやダイバーシティの感覚から外れてしまうと思うんです。むしろ、そういうマイノリティの声をラップに乗せることで、ヒップホップの本当の強さを発揮できるのではないかと僕は考えてます。

それが実現できれば、ヒップホップは今の時代にすごくマッチした音楽だと思うし、魅力を一番発揮できると思う。だからこそ、僕らもヒップホップ業界も変わるべきときだし、実際に変化が起こり始めているんだと思います。

KEN THE 390(ケンザサンキューマル)
1981年生まれ、ラッパー。「DREAM BOY」主宰。2006年にソロアルバム『プロローグ』でデビュー。ラッパーとしての活動のほか『フリースタイルティーチャー』などのテレビ番組やラジオパーソナリティ、他アーティストへの楽曲提供など多岐に渡り活動。
ソロアルバム11作目となる『en route』(アン・ルート)を3月12日デジタル先行配信、パッケージを3月17日に発売。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【KEN THE 390×QJWeb サイン入りチェキプレゼント】フォロー&リツイートキャンペーン

    キャンペーンの応募期間、参加方法は以下をご覧ください。

    【応募期間】
    2021年3月24日(水)〜2021年4月8日(木)
    ーーーーーーーーーーー
    【ステップ1】
    ツイッターから『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」をフォローしてください。
      ▼
    【ステップ2】
    『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウントがキャンペーン告知をした以下の投稿を、応募期間中にリツイートしてください。


    ※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でリツイートしてください。アカウントが非公開(鍵アカウント)の場合はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    ※「いいね」はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
      ▼
    【応募完了!】
    締め切り後当選された方には、『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」からDMにて、ご連絡差し上げます。フォローを外さず、DMを開放してお待ちください。
    当選の発表は、こちらのDMをもって代えさせて頂きます。
    ※当落についてのお問い合わせは受けかねますので、ご了承ください。
    ※本景品は非売品です。譲渡・転売はご遠慮ください。
    ※チェキのパターンのご希望は承れません。
    ※頂いた個人情報は、本プレゼントキャンペーン以外の目的には使用しません。


Written by

本多カツヒロ

(ほんだ・かつひろ)1977年神奈川県横浜市生まれ、東京都育ち。2009年よりフリーランスライターとして活動。健康・医療からエンタメまで幅広く執筆。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太